実写化とよしながふみさん

ホントは昨日の記事と一緒に書こうと思っていたのですが、カテゴリわけが難しいのでわけちゃった。
パラパラしてすみません。

メロディでも「大奥」を連載しているよしながふみさん。
他にもモーニングで「きのう何食べた?」を連載中です。

巻き物系で長い上に秘密関係ないので、興味のある方のみ続きへどうぞ


「きのう何食べた?」


私、この漫画を楽しみにしていてコミックスを買っております。
先日11巻がでました!
ゲイのカップルの日常を食生活を中心に描いたいわゆる「淡々日常系漫画」でございます。

連載当初43歳だった主人公筧史朗も50歳になり、老眼も進み、親も弱り……と

リアル!!

そして恋人の矢吹賢二との関係も、ずいぶん変わってきたなあ。と。
最初はゲイばれするのがいやで、しかも賢二が本当は好みのタイプじゃないため若干クールだったシロさんですが、だんだん愛情が深まってきて、賢二を大事に思ってくる過程がね〜〜。

リアル!!

紹介されているご飯もおいしそうで、ちょこちょこ真似して作っては悦に入ってます(笑)
今回は春菊と人参のゴマ味噌和えがおいしかったですよ。蒸し料理もよかった。

11巻では渋谷区がパートナーシップ制度を開始したことなども絡めて、大家さんにうっかりカミングアウトしちゃうシロさんが描かれていたりしますが、本当に時代も変わってきましたよねえ。
(大家さんに渋谷区に引っ越しちゃったりしないですよねえ!?と哀願されるシロさん……)

たぶん、この漫画どこかが実写化しようと手ぐすね引いて待ってるとおもうんですよねえー
ただゲイカップルのお話なので、なかなか難しいのか。
しかし、現在のドラマでもそんなテーマを扱ったものもありますし、そろそろなのではないかしら……


「大奥」


で、よしながふみさんの大奥が実写化されて話題になったのは、皆様もご記憶にあるかと思います。
メロディの実写映画化先発部隊ですね(笑)
ねー、堺雅人さんが菅野美穂ちゃんと結婚しちゃってびっくり……

大奥はどちらかというと、キャラクターというよりストーリーのおもしろさで読ませる漫画なので、あまり物議を醸したりしなかったか思うのですが。
でも個人的に水野=ニノは絶対違うと思う……。ニノ、才能あって好きな俳優さんだけど、絶対違う……

あと、あの豪華絢爛な衣装などが実写で見られたのは嬉しかったですね。
まあ、漫画の方が深いし面白いのはまあしょうがないとしても。
この作品は男女を逆転させることによって、ジェンダー問題を浮き彫りにしてあって、性的に消費されることの優越と屈辱と悲哀を上手く描いていると思います。



「西洋骨董洋菓子店」


そして実はその前。
2001年に「西洋骨董洋菓子店」という漫画がなんと「月9」で実写化されているんです。

キャストも滝沢秀明、椎名桔平、藤木直人、阿部寛、小雪という豪華キャスト。
しかし小雪はいらん。ドラマオリジナルキャラなんですが、もうBLくささを払拭するためだけに無理やり入れられた感満載だった

こちらは「きのう何食べた?」に近い、日常淡々系なんですがキャラクターで見せるところが大きい漫画だったせいか、ファンの方に「どうして実写化なんかさせたんですか!」と詰め寄られたりして大変だったようです。
(「あのひととここだけのおしゃべり」に書かれてたような)




漫画では、

橘 圭一郎 昔誘拐されてケーキばかり食べさせられたトラウマを持つ
小野 裕介 魔性のゲイ (橘と高校の同級生。橘にこっぴどくふられてそれから弾けてヤリ◯ンになってしまった)
神田エイジ 施設で育った元ボクサー
小早川 千影 母親の代から橘に仕える。顔はいいけど頭は悪い。

という個性的な男たちが、それぞれに関わっていって少しずつ変わっていく様を描いております。
小さなセリフやエピソードがすごくうまくて……!!

私がすごいなと思ったのは、ラスト数ページの橘。
あと元彼に暴力を振るわれた小野が「こんなのたいしたことない、もっとひどいめにあわされたこともいっぱいある」というと、千影がそんなことを言わないで、とホロホロと泣くシーン。小野が自分も昔はよく泣いていたけどどうやって泣いていたのかもう思い出せないと思うシーンが切なかった……。
あとちょっとしたセリフなのですがエイジが「ふくらはぎをハサミで切られたこともある」とさらっと心の中で思い返すところとかね!
すごいなと!

人間の闇と、小さな光と、絡み合うことで、良くも悪くも変わっていく様がとてもよく描かれていた漫画でした。

で、それがドラマで再現されてたかというと………

されてなかった!!!!

ドラマはドラマでまあ面白かったのですが、ドタバタちょっとだけしんみりコメディになっていて、原作の深みはまったく表現されてませんでしたね。小野が魔性のゲイである、という設定も消されていたし。(まあ14年まえだもんなー。無理か)

後ほど韓国映画にもなっておりまして、そっちのほうが原作には近かったです。とくに小野役のひとがセクシーで秀逸でした。
よしながさんの親友である羽海野チカさんも、こちらは「ふみちゃんの願いがかなった」と絶賛してた記憶があります



他にも、「フラワーオブライフ」とか「愛すべき娘たち」とかも、人間ってやつを鋭く優しく描いた漫画でオススメです。

白泉社にも画業20周年のこんなページがありますよ

ちょっと立ち読みもできるみたい。
興味のある方はぜひ〜


そんなこんなで、写実化の功罪をよしながふみさんに見たりするのですが……

こうしてみると、やっぱり長期的にみるとこの方の場合圧倒的に功が多かったような!

ちょっとマイナーな存在だったよしながさんを一気にメジャーに押し上げたのはやはりこのドラマ化が大きかったんんじゃないかな?
次の年講談社漫画賞もとったし……

清水先生にもいっぱい功がありますように……………。

せめてたくさん儲かりますように………

↑結局それか





スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: こんなところに

>鍵コメAさん
コメントありがとうございます。

大奥は映画もちゃんと見てますよ!!
そして二宮くんも俳優さんとして大変才能のある方だと思って、いつも拝見してます。

でも水野はちょっと違うかな〜って思ったんですよね。
なんかもうちょっとこう……なんか違うかなと……

映画の出来としてはなかなか良かったです!

>普段テレビで見せてる顔はちょっと
違うかもですが、美しいんですよ、顔も。
えええええ〜〜〜!!!
それは初めてのご意見でした!そうか、そういうイメージはなかったですけど……
今度改めて見てみますね。

どうしても「拝啓、父上様」とか「フリーター家を買う」とかの男の子っぽいイメージが強いんですよね。私にとって……

プラチナデータは見てないし原作も読んでないんですが、脚本について監督に物申したそうで、すごくしっかりした俳優さんなんだな〜って思いました。
そんなお話なんですか!?

また過去記事気になったらコメントしてくださいね〜!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>Kさん
わあー、こんなところがあるんですね!すごい!
ありがとうございます!みてみます〜!

そしてメロディ、明後日ですね!楽しみですー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>Kさん
わあー!よかったです!オススメした甲斐がありました!
そして、そんな同人誌が!?しらなかった!なに食べた?もこんど本人がかいた薄い本がでるとネットニュースでみましたが……。

Kさんも良いお年をお迎えください〜!ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 素晴らしい!!

>Kさん
コメントありがとうございます!

そして、「きのう何食べた?」読んでいただけて嬉しい〜!
あれ楽しいですよね。そうそう、やっぱり男性誌のモーニング連載なこともあってか、まったくそういうシーンは匂わせる程度もないですよね。「西洋骨董洋菓子店」にはほんの数コマくらいですがあります。
でもどちらも深いというか、描かれてるものはとても稀有なものだと思います!

新装版もうすぐですね!映画も着々と進んでるみたいですし、楽しみです。(映画はちょっとこわい……)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おもしろそう。読んでみよう。

>ゆけさん
おー、読みたくなりました!?やったー!
どれも面白いですよー。
「きのう何食べた?」はほのぼの系、「西洋骨董洋菓子店」はちょいブラックです。不穏な事件も絡みますし。

>深みはむずかしいですよね。
私はきっと身悶えしながらプルプル笑いをこらえて見るんじゃないかという気もしてきましたが(笑)。

あ、映画「秘密」をですか?あり得ますねえ。
「進撃の巨人」見に行った時、友人の隣の女の子2人組がずっと笑っていたらしくて。友人もつられて笑ってしまったらしい。
そんななっちゃうのかな……どうかな……
ジャニとはいえ、生田くんはそんなにジャニっぽくないからうちわは……ないんじゃないかな!?知らないけど!!

役者ニノ、お好きですか。いいですよねえ。
でも大奥の水野はね……全然違うんですよ………全然……

Re: そう、読んでますよ!w

>eriemamaさん
ですよね!けっこう読んでいるマンガがかぶっているeriemamaさんとにゃんたろー!

よしなが先生は最初BLっぽいの描いてたんでしょうね。あのあたりは読んでないんですけど……

>ストーリーは淡々としていたりある程度先が読めても、登場人物を通して時折人間の業みたいなものをハッとする見せ方で描いて下さるので引き込まれます。
そうそう、そうなんですよね!
人間の黒いところも白いところも、余すところなく描かれててドキッとさせられます。
「きのう何食べた?」についてもeriemamaさんとえんえん語ってみたいです!

西洋骨董洋菓子店、ドラマだけみたらそれはそれで面白かったんですよね。
私は放映と同時にマンガも読んで、もちろん面白いなと思ったんですけど原作ファンが怒っているというのを知ったのはドラマ終わった後でした。
でもあの原作のもろもろをやっちゃったら月9は絶対無理かなあ……と……
いやでも、原作オススメです。機会があったら是非eriemamaさんには読んでいただきたい〜〜!!

最後のちっこい字、だって清水先生への一番の利益といえばアレかなって………(^3^)

おもしろそう。読んでみよう。

ドラマを年にひとつぐらいしか見ない上、95年ぐらいから10年ぐらいTV離れしていた浦島太郎なので、上のドラマあんまりわからないのですが(;´Д`A なるほど、すごく参考になりますね!
(そしていくつか読んでみたくなった♪( ´▽`)

深みはむずかしいですよね。
私はきっと身悶えしながらプルプル笑いをこらえて見るんじゃないかという気もしてきましたが(笑)。
(そんな人ばっかりだったらどうしよう!いや、うちわが一定数いるから大丈夫か…。カオスな劇場内だな…笑。そもそも映画はうちわ持たないのかな…?うまく共存できればいいなぁ(*゚▽゚*)

私も役者ニノ好きですねえー。いい味出してる(^_^)b
そして清水玲子さんが儲かるなら、もうこのさいなんでもいい…

そう、読んでますよ!w

ハイ!読んでますよ!「きのう何食べた?」(おでんだよ!)

よしなが先生はBL漫画というとどうもジャンルとしては浅く狭い、限定的な世界な気がするので違和感があるんですが…。でも、メインにあるのは同性愛ですよね。ストーリーは淡々としていたりある程度先が読めても、登場人物を通して時折人間の業みたいなものをハッとする見せ方で描いて下さるので引き込まれます。

大奥はドラマを一部しか見てないんですが(漫画は初期だけ)、西洋骨董洋菓子店はみっちりドラマ見てました。あれもそういう濃い設定があったんですねぇ。当時はあんまりBLってものを意識してなかったから何にも思わなかったけど、多少はそれっぽさもあったような(笑)でも、圧倒的にコメディーでしたよねぇ(^^;;だいぶ記憶は薄れてるけど、それだけはしっかり覚えてますもん。コメディーとしては面白かったからドラマ派としてはそれなりに名作という認識なんですが、原作派だと笑えないんでしょうか(・・;)

で。にゃんたろーさんたら正直なんだから(笑)最後のちっこい字、大いに賛成ですw

Re: へええ。

>なみたろうさん
いえいえ、すみません。他の漫画で巻き物しちゃった。
大奥の先生は、そうなんです。もともとBL系の漫画家さんで。
「西洋骨董洋菓子店」を機に一気にメジャー(とまでいかない?いやでもそれまでにくらべれば)になったんですよねー

eriemamaさんが「きのう何食べた?」を読まれているような気が……。
「きのう何食べた?」はけっこう男女問わず読まれてる気がします。

自らをモデルにした?エッセイマンガ「愛がなくても喰っていけます」でもゲイの友人に「嘘ゲイで小金を稼いでいた」と詫びるシーンが……。

私は「西洋骨董洋菓子店」がドラマ化になって、友人に原作勧められて読んだので、あまり思い入れはなかったんですが今思い返すと「違うなー」と(笑)

>私も際どいことを描いて喜んでおいてナンですが、実際綺麗なもんじゃないと思うし、認知されつつあるとは言っても難しいことはたくさんあると思うし、その辺の葛藤も含めてそれでも、ってのがいいんであって。ぶっちゃけ女子の夢見る「素敵なBL」は私はどうも。
なるほどー。
まあでも考えてみれば男女だったら綺麗かっつーとそうでもないかなと思ったりもするし、人間が生きるっていうのは何かと哀しくしんどいもんですよね。どんな立場の人でも。
昔もそういうドラマもあった気がするんですけど、もしかして最近の方が厳しいのかな?
放映時間帯にもよりそうですね。

アンティークは見てらしたんですね。ケーキが毎回美味しそうだった……!!
藤木さんが演じてらした小野さんは原作ではすっごい乱れた魔性のゲイでしたよ(笑)

へええ。

すいません、ほぼ知らんかったです。
(どうも絵が好きじゃないとまず読まない、という性癖がある)
大奥の先生はそっち寄りだったのですね?
そこ掘り下げてて面白いなら、実写化でカットされるとやっぱりファンは悲しいですよね。
BLブームとゆうものもありますが…
私も際どいことを描いて喜んでおいてナンですが、実際綺麗なもんじゃないと思うし、認知されつつあるとは言っても難しいことはたくさんあると思うし、その辺の葛藤も含めてそれでも、ってのがいいんであって。ぶっちゃけ女子の夢見る「素敵なBL」は私はどうも。
清水先生も同じ思いで「BLじゃない」と仰ったんじゃないかな~、と思う。

アレ?話ずれた?(笑)
だから「BL」じゃなくて恋愛対象は自由だ、けども、ってドラマとしてえがくって、そろそろアリだと思うんですけどね。

しかし「アンティーク」この方原作とは知りませんでした。当時藤木直人が好きってだけで観てました。そうか~、損したな、知らなくて。
ほんとにゃんたろーさんお詳しい。
プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR