秘密 season 0 原罪 (2巻) レビュー 3

なんだよ結局長くなる……(笑)

STORY
カザフスタンのアリエフ大統領の会食のための食事を、タジクが担当することになった。
その会食には薪と青木も同行することとなる。

手紙の件で気もそぞろな青木は薪に激しく叱責される
「タジク相手に余計なことを考えていると命を落とすぞ」

薪はタジクたちの真実に近づきつつあった……


秘密 原罪 レビュー用5


カザフスタンのアリエフ大統領の会食のための食事を、タジクが担当することになった。

総監に「彼はまだ容疑者だ』と食ってかかる薪だが、決定事項であり君がとやかく言う段階にない、と一蹴されてしまう。
タジクのレストランからは何の証拠も出ず、ただ清潔で適正に管理されているという事実しか浮かび上がって来なかったのだ。
また、その後のシンポジウムでは日本とのMRI捜査の連携強化も議題になっており責任者である薪もアリエフ大統領に同行してもらうからそのつもりでいろと通達をうける。
そしてその資料の中には同行者として九州地区室長の青木の名前も--

そして、荒川河川敷の死体らしきものはユリヤではなく、動物の死体とウィッグをつかったいたずらであった。
行方不明になってから2週間経つことから生存は絶望的だという波多野の言葉を聞きながらボールペンをコツコツと叩く薪。

バキッという音とともに、薪の手の中でボールペンが砕ける。
流れる血をみて慌てふためく岡部と波多野だったが
「何故『死体』が出ないんだ」
薪は「たったこれだけの傷でこんなに血が出るのに」
4人も行方不明になり、川谷寿明の周りで姿を消しているというのにーー

薪はタジクがなんらかの意図をもって、あのレストランで人を捌き、特定部位を料理に混入させ、人々に病気を蔓延させていると考えていた。
だが、死体はおろか、血液さえも、何も出てこない。
岡部に「僕の見立てが間違っているのか?」と呟くように問う。
寿明の自宅じゃないかという岡部だが、薪はああいう連中は自分のテリトリーは消して汚したがらないと断言する。

再び自分の思考に沈む薪。
タジクに「何をしようとしている」と問うたその返事
「料理ですよ」

料理。

タジクはもしかしたら、カザフスタン大統領の会食でその死体を、特定部位を混入させようとしているのでは。
今まで何もなかったのは、ただ絶好の機会を待っていただけなのでは。

青木も出席するその会食でーー

「青木!」って真っ先に青木くん心配してるし……
私伝染病には(にも)詳しくないんですが、たとえ人間間でもそんなに一発で発症しちゃうものですかね??
何度かの摂取がないと難しいのでは?
そんなに感染力がつよいウィルスとかでもないみたいだし………いくら同種間であったとしても……
(いまのとこ原因がはっきりしてないみたいですね?)



青木はアリエフ大統領の会場の下見に同行していた。
青木をみて、大統領は写真と違って警察官らしい、と安堵する。


薪さん、アリエフ大統領に

「すごく目が大きくて幼くて…はじめ私は女性かと」
「印象良くないからね!あんなどっかの国の美女軍団みたいなの連れて歩いたら」

そ、そこまでですか、大統領………美女軍団って!

喜び組、薪………←似合いそう



九州地区のMRI捜査のシステムは最新式で、アリエフ大統領はそれを視察したがっていることから、彼に白羽の矢がたったのだ。

会場のきらびやかな部分にケチをつけてまわる大統領の横で、青木は薪のことを考えていた。


1年前の手紙を「まだ読んでない」とか「読んでる時間がない」とかいくら多忙でもありえない
薪さんはおそらくもう読んでいてその上であそこで俺に言わせようとした
岡部さんや捜査員達の大勢いる前で

そして俺は言えなかった



言えよ!!!!


YOU、言っちゃいなよ!


いや、うそです………
言えないよねえ。

人前で言うのを憚るような手紙を上司に出したばかりかその返事を催促していた

薪さんはああすることでその俺の非常識さを傲慢さを気づかせようとしたのか


うん………
非常識はともかく、傲慢ではないとおもうんだけど…………

私は勝手に手紙を送り続けるんだろうなって思っていたよ。青木くん。
気が向いたら薪さんも返事くれるかもだしね。って。

くれなかったね……(T_T)

ってゆーか、何度も言うけど一通だけ出して1年以上返事待ちって君そんな草食系でいいの………

でも、返事を催促するっていうのはある意味覚悟の表れなのかなあ。青木くんの。


パラ、と頭上からなにかが落ちてきて、それを見上げる青木だったがーー

「バカ!何ボッとしてる!!」
薪は大統領の頭上のオブジェの一部が崩れて落下してくるのを察知して、大統領をかばう。
その働きのおかげで大統領には怪我もなく無事だった。

第九に戻った薪は、大統領と同行する限り、安全を第一に考えるのが警察官の務めだと厳しく青木を叱責する。
事故は調査中であると報告する岡部に、今回の件を理由に食事会では川谷議員、タジクや沙羅、さらには大統領にさえボディチェックを課すようにと指示をだす。


秘密 原罪 レビュー用6
すんません、薪にゃんの焼き直し………


SP役立たず過ぎるーー!!
薪さん、ほっぺにお怪我を……
でもでも、青木くん警察官ではあるけど、今回の件は責任ないと思うけどな~。警備はSPの仕事だもの。
青木くんは第九の職員だよ!薪さん!

とはいえ、タジクがなかなか手ごわい相手なので青木くんのことを心配しての怒りのようです。
そういえば、昔から心配すると怒ってた………。

薪は青木に向き直り、
「なにを考えていたのか知らんが」
「そんな中途半端な考えで任務につくな」
「生ぬるい覚悟で僕の側に近よるな」
「二度と」

青木は車で薪に言われたことを思い出して、言葉を失う。

「おまえ」
薪は立ち去り際に、青木に忠告した

「タジク相手に余計なことを考えていると命を落とすぞ」


わーーー!!
厳しい!ツンツン薪さん健在です。


タジクのところに出向いた青木は、食事会のための屠殺現場で気分が悪くなり、倒れてしまう。
そして沙羅は子供の写真を見て……
揺れる視界に苦しみながらも
「もう少しだけ頑張らなくては」
「もう少しだけ力を貸してタジク」
と祈るように思うのだった。

そして第九では、波多野が調査してきたことを薪に報告していた。
沙羅が耳が悪く補聴器をしていること
おそらく進行性のガンであることーー


へたれている青木くんをよそに新人女子波多野ちゃん大活躍!!
補聴器を示されて「知ってるし 僕はまだいらないし」って薪さん!

あと
薪「まてっ 他人の処方箋の情報を許可なく収集するのは違法」
岡部「あんたがいうか」
っていうのかなりおかしかった(^0^)

岡薪コンビがまた見れて嬉しい。本編より随分砕けてきましたね~~。

波多野ちゃんはなかなか行動力のある女子ですねえ!


青木はタジクに心配され、水を差し出される。
どこかぶつけたのかなどというタジクは「だってあなた…泣いてますよ」という。
言われて初めて涙に気がつく青木は恥ずかしさと気まずさに小さくなる。

「…仕事でドジ踏んで上司に叱責されただけなんで」

一瞬ぽかん、とした表情で薪のことを思い出したタジクだが、すぐに侮蔑の笑みを浮かべる
「失礼。でも正直うらやましいとすら思えてね。この国ではあなたのような成人した大の大人の男がそんなことで流せる涙がある」
と畜を引き続き行うタジクに青木は食い下がった。

「あなたは何故進んで動物の解体を?みんな嫌がりませんか?特にそういう…子羊とかだと」
その青木のセリフに、昔のことを思い出すタジク。彼の兄弟のような子羊のことを。

あなたは子羊の料理は食べるのに、いままで一体誰に殺させてきたのだ、と淡々と答えるタジク。
「まさか子羊を殺したい人達がどこかに存在するとでも思っていた?
その人達は動物を殺すのが嫌じゃない?辛くない?」
言葉をうしなう青木に、タジクは続けた。

自分の育った国は貧しくて子供の頃妹と缶詰工場で働きながらずっと思っていた。
何故この国はこんなに貧しいのか
何故僕らは自らが飢えながら、よその国の犬や猫のための缶詰を作らなくてはならないのか
どうしてその国は自分たちの分くらい作れないのかーー

その「国」に来てみてわかった。

そこには人しかいない。

「だったらこの国では人間を食べるしかないんじゃないか……」


そして薪は沙羅が進行性のガンということから、
カザフスタンに核実験で汚染された土地カイナールがあり、二人がその出身であることを突き止めた。

ドキュメンタリー番組に沙羅とタジクが記録されていたのだ。
沙羅……本名はサビーナ・アスター当時30歳。
一人娘も放射能の影響と思われる病気で4歳のときになくなった。

そしてタジクは、9つでガンで亡くなった妹アルマに花をたむける姿がーー

1949年から89年に400〜500回も繰り返された核実験。
通常の8倍ものガンが発症するリスクを抱えた土地。
当時の政府はデータを取るためわざと周辺住民を避難させなかったこと。
そのため今もまだ健康被害に苦しむ人々がいることーー

薪はタジクと沙羅の生い立ちを知り、その目的を推測するーー



カニバリズム…
というか「誰か」が生きるために「別の誰か」が「何か」の命を奪っている……
というテーマは20XXからひきつがれる、清水先生にとって大きなテーマですね。
月の子にもありましたしね。


人間はどんな人も罪を背負って、他の動物に生かされて生きているんだなと思ってます。(食物ということだけではなくて)
たとえ、動物は食べない、という人でも。
なにか弱いものをしらないうちに踏みつけてその上に立っている。
自分だけはそうじゃない、というのはある意味傲慢だと私は思います。
それは優しさじゃなくて、ただ自分が優位に立ちたいという気持ちなんじゃないかって。

でも、じゃあ弱いんだから踏みつけていいじゃないか、ってのはまた違う……

どうしたらいいのか、決して答えがみつからない問題です。
だからこそ、『原罪』なんでしょうね……。


メロディ連載中のときは谷川俊太郎さんの「死んでくれた」という絵本を紹介したのですが

このことについて考えると「銀の匙」の豚丼を思い出すんですよね

私日本国民全員「銀の匙」を読んだらいいと思ってて(笑)
コメデイだけど、とても深い内容の漫画です。
日本の畜産や農業の現状とかわかって、大変ためになる……
(漫画にためになるっていうのは失礼かもしれませんが、内容は青春漫画!純粋に面白いです)
豚丼エピソードは3〜4巻に渡って掲載されてます。

あわせてこちらもオススメです!






追記
はああああーーーー!!!
そんなこと言ってたら今!6/10まで1〜3巻が無料で読めまする!!


Amazon 銀の匙1〜3巻無料 6/10まで


この機会にぜひ!


あーーーーー!
それにしても青木!!!!

がんばれーーー!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

>かぁこさん

ありがとうございます!
鈴木人気高し〜〜!!
いや、私も好きです!(*^^*)

今日の鈴薪2015最高〜٩(๑>∀<๑)و♡ 
やっぱり鈴木が好き(♡ >ω< ♡)

Re: 月の子

>ひろこさん
月の子、ティルトは深いキャラでしたよね。悪役だったかもしれませんが……
セツに「君は僕なのだから」「君はいままで僕の肉を食べて生き延びてきたのだから」っていうところで、単なる愛情でもないことがわかったり。でも最後に望みはときかれて「ただ僕はセツになりたかった」というところで私は涙……!!

>月の子ラストって?みんなが報われた??みたいな終わりで、今でも読み返すと実は全て最悪な方が現実(まさに私たちが生きてる方ですね(;^_^A……)なの??ってなります…

そーそー!そーなんですよっ!!
あのラストは衝撃でした!!しばらく口もきけないくらい茫然としました。

>薪さんはたぶん弱肉強食とは違った面で、原罪と向き合ってきた方だと思うんです。
そうですね……だから子供など作る気はないとか言ったり、青木くんを遠ざけたりしちゃうんだと思うんですが……
いいのよ、薪さん………。幸せになっても……。

喜び組センター薪さん(笑)
めっちゃ喜ばせた後、暗殺とかしそうでコワイ!でも美しそう!

月の子

やはり秘密の読者は他の清水作品もバッチリ網羅してますね(笑)!

私はティルトが4巻だったかな……『すべてあげるから、セツを生き返らせて』と涙を流して魔女に懇願するシーンで、当時小学生でしたが、泣きました……

ジミーの運命…セツの運命…ティルトの運命……
月の子ラストって?みんなが報われた??みたいな終わりで、今でも読み返すと実は全て最悪な方が現実(まさに私たちが生きてる方ですね(;^_^A……)なの??ってなります…

原罪というワードを知ったのは、三浦綾子さんの氷点という本でしたが、人間が生まれながらに背負う罪なのかなと。そして生き続けるために重ねる罪ですかね……

私はタジクもティルトもそれを理解して生きているせつなさが胸にグッと来ました!

いきること、いかされていること、原罪のテーマは深いですね!

薪さんはたぶん弱肉強食とは違った面で、原罪と向き合ってきた方だと思うんです。
なんというか…産まれながらに背負う罪ですよね…

だから、タジクやサラの気持ちがわかりすぎる面もたくさんあるのだろうなと。だからこそ、ちゃんと罪を償わせたいと思っての警察としての助け方を模索してるのではと私は読み返しながら考えました……

にゃんたろうさん!……是非喜び組センターの薪さんを!!(笑)

Re: 喜び組…笑

>BON子さん
薪さんなら喜ばせること間違いなし(笑)
あの、衣装が似合いそうだなーと思って。胸のあたりからふわってなってるやつ。
薪さんのお目目はそうとうぱちくりしててまつげもマッチ棒が10本くらい乗りそうな長さだとおもいます!
なんなら下まつげにも5本くらい乗りそう(笑)

ボールペン、私も握りつぶすのありえない……
最新のメロディでも破壊した上に破片で青木くんのほっぺを傷つけてますけど!すごい技術!
薪さんの女房役は気苦労が絶えなさそうですね。

銀の匙は、農業高校に入学した男の子の話です。平たく言えば。
ちょっと動物のお医者さんも彷彿とさせる……。ぜひチェックしてみてください!

月の子、ジミーは、そうなんです。天真爛漫で、素直なんですよね。暗いところがなくて。
リアルタイムで読んでるときはティルトが「そ……そこまで……?」と思ったものの、年をとった今はなんか気持ちがわかるっていう……。
突然悪魔とか出てくるし、なんていうか童話的でファンタジーなんですけど、全体をそういう空気が覆っているのでツッコミせずに読みました(笑)あれも名作ですよねえ。うんうん。

喜び組…笑

薪さんなら喜ばせること間違いないでしょう(笑)薪さんってやっぱりお目目が相当パチクリしてるんでしょうね…ww

ボールペン破壊シーン好きです。
が…握り潰すのもあり得ないですが、出血量があり得ない…笑
薪さんの皮膚の薄さを案じたシーンでした。あそこまでなるほど握るってそりゃあ岡部さんも大変だ…

銀の匙ってよく聞くので気になっていて、グルメ系か?とか思ってたんですが、そういった内容だったんですね。チェックしてみます(笑)

因みに私もジミー好きです(笑)
あの頃はセツの方が暗くて嫌だったんですが、今はあの切ない感じがいいですね。ジミーは選ばれたお姫様のようなものだから、あの天真爛漫さ?はしごく当然のように思えてました。ちっとも嫌味じゃないから好きだったんですよね。

て、すみません、思わず嬉しくて月の子にスライドしちゃいました(笑)

Re: 王子の手当て!!!///

>ゆけさん
王子の手当(笑)
それまで今日の鈴薪2015その1 でもお楽しみください……!

http://nyantaro22.blog.fc2.com/blog-entry-102.html#more

原罪、なんかテーマから手紙から口パクから盛りだくさんで心臓がドキドキしてきちゃいますよね。

>海外協力青年隊?に行くと言っていた男子が何かの話で「よかったー、僕、今まで人に恨まれるようなことしたことないもんな〜」って言ってたのですが、その子にこのレビューを読ませてやりたいです!!
や、でも20代前半くらいでしょ?
しょうがないですよ!!きっと、まっすぐすくすく育ってきたんでしょう………
海外協力にいって、ひとまわり大きくなって戻ってきてくれるといいですね。(ってもう帰ってるか)

銀の匙はもう、普通に面白い漫画なのですが、楽しめると同時にこの国の食料事情とかそれに従事している人たちの問題についても考えさせられるというか……
安くて安全な食品、国産がいい、バターを安くしろ、海外はもっと安い、なんて消費者は気軽に言っちゃいますが、その影では……という、これも「いったい誰に殺させてきたんですか」に近い問題があると思うんです。
豚丼については、本当に直球に「命を食べること」についてなんですけど。

ジミー、嫌いっていう人多いみたいですね。私は好きですよ。ジミー。
でも切ないんですよね。3姉妹全員。どの気持ちもわかるっていうか……

王子の手当て!!!///

私、いつかキリ番ふんだらそれリクエストしますっ////〜*

原罪、なんだか私には感情移入が難しいお話なのですが、こうしてレビューで読むとわかりやすいですねえ〜〜 (←ばか?)

そして、大学卒業後、海外協力青年隊?に行くと言っていた男子が何かの話で「よかったー、僕、今まで人に恨まれるようなことしたことないもんな〜」って言ってたのですが、その子にこのレビューを読ませてやりたいです!!
すごくモヤモヤしたのに文章にならなくて何も言えなかったので…。
自分は善意の塊だと思ってそんなとこに行ったらいつかつまづくんだぞ……生きてるだけで恨まれる理由なんていくらでもあるじゃないか……と思ったのに言えなかったから、妙に残ってしまっています……。
(´-`).。oO(しかも行く理由が、教員採用試験に有利になるから…って何かが間違っている…)
ああ…このレビューを持ってあの時に戻れたら………!!

銀の匙ですか!わー、候補がいっぱいで、何から読もうかな♪
個人的には月の子は、気持ち的にシンプルで一気に読んじゃえるお話でした♪ ……あっちもこっちも切ないですが………
ネット上ではジミーが許せない人も多くて悲しいです……しくしく。←ジミー好き

Re: 月の子も?

>たきぎさん
月の子は「いったい誰に殺させてきたんですか」あたりですかね。
ベンジャミン、セツ、ティルトの3兄弟(姉妹?)がいるんですけど、生きて行くために魚を殺さないといけない……
でもセツは殺すくらいなら食べなくて死んでもいいという感じでなにもしない。知ろうともしない。
ベンジャミンは知っているけど、手伝ったりもするけど殺すのは自分では怖くてできない。
ティルトだけが他の2人のために泣きながら魚を殺すんです………(T_T)
ティルトは女性化できない体質なので、他のふたりのために生きるしかないので。

すごい切ないシーンです………

>青木、薪さんに叱られて泣いてましたけど、ここはタジクに賛成です。大の大人の男がそんなことで……。
でも、対する薪さんも青木を思ってタジク相手にウルウルしてたので、やっぱり二人はお似合い♪
両方の涙を見たタジクの心境や、いかに。
はは。あれですね、泣き虫ってことなら薪さんだってけっこう………
でも大の男が泣けるような国のほうが、いいのかもしれないなー………。なんてちょっと思ったりしました。

>かぁこさん

こんにちは〜
王子だったら……きっと話をききつつ手早く手当しちゃうんじゃないですかね!
そして「気をつけろ、馬鹿。」とか言っちゃって。
きゃー!

月の子も?

食を学ぶでしたっけ? に選ばれただけあって「22XX」は面白かったです。「月の子」も同じテーマで描かれている部分があるんですね。
この前ようやく「竜の眠る星」を読んだのですが、そのうち月の子も読もうかな。でも長いからなぁ……。

青木、薪さんに叱られて泣いてましたけど、ここはタジクに賛成です。大の大人の男がそんなことで……。
でも、対する薪さんも青木を思ってタジク相手にウルウルしてたので、やっぱり二人はお似合い♪
両方の涙を見たタジクの心境や、いかに。

薪しゃんのあの手のキズ、王子だったら、どーやって手当してあげるんだろ(♡˙︶˙♡)
プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR