映画『秘密』の感想 その1

『秘密』映画の感想……

ちょっと難しいんですけど、まず見終わっての印象を書いてみたいと思います

今回は主にストーリー展開(脚本)について。

あ…………
あの……………

ごめんなさい!!!すごい辛口になっちゃった!!!!

あんま辛口やめようとおもったのに!!!


ネタバレあり……


まず…………

「これ原作読んでない人、意味わかるの!!??」

がばあ!と立ち上がってその場にいる人に問いたくなりました………。


映画は、貝沼事件と絹子事件をベースに作られています。

まあ、それはいいと思うんですけど………。

せっかく2つをベースにするのなら………。
もっと上手に絡ませられたんじゃないか??というのが正直な感想です。

そして一晩考えましたが、やっぱ2つを混ぜたのが敗因だったのでは!
やっぱあの2つは混ぜるな危険だったのでは!?
どっちかに絞るか、大胆な改変が必要だったのでは!!!
(ただ大胆な改変は伸るか反るか、かなり微妙でもあるけど)

絹子と貝沼の関係も、分かりにくくしか描かれてないし。

青木くんは暴走しないキャラなので、勝手に鈴木さんの脳をみたりもしない。(薪さんが貝沼と絹子の関わりを知るために雪子さんに協力を仰いで見ます)
ちなみに青木くんは家族を惨殺され、生き残りであるお父さんは植物状態。
いつかその犯人を捕らえたくて警察官になったという設定で、大きな暗い過去を背負っています。
17才で東大に入学し(これは同じか)法医学、犯罪心理学などなどなど……に精通した超優秀な人材。


原作の場合、鈴木さんの死に囚われていた薪さんが、鈴木さんに似ている青木くんを気にしつつ、彼の無謀とも取れる行動によって鈴木さんの真意を知ることができて少し前を向くことができる……というのが、原作の貝沼事件のおおまかな筋だと思うんです。
映画はそれがない(まあそもそも青木くんのキャラが違うので、しょうがないのですが)


そもそも鈴木さんの真意がわからず、苦しんでいる薪さんがないのかな?
鈴木さんはただ貝沼の闇に飲まれたことになっています
(雪子さんがあの人は彼を守ろうとした私の恋人を殺した……というセリフはあるものの……一言で済ましちゃう??あんまりじゃないか)


映画のおおまかなストーリー

青木が第九に配属され、露口の脳をみて、絹子の行方を捜すよう命じらる。
この捜査が成功すれば、第九は正式な機関としてみとめられると。

しかし、そこに映っていたのは、絹子が家族を惨殺する姿。

そして絹子が発見されるも、第九はなにもできない。
捜査一課の真鍋刑事を半ば脅し、協力を依頼する

彼女が関係を持った男性を調べていくうちに、そのうちの一人が死亡し、同時刻に数人が自殺するという事件が起こる。
そして自殺した人々を調べていくうちに、それが貝沼による催眠による仕業ということが判明。(自殺した山口の脳をみて)

貝沼と絹子に接点があるのでは、と疑惑を抱き、それを解明するために鈴木の脳=貝沼の脳をみるべきだと主張する青木。
青木には冷静になれ、と捜査から外し、雪子に協力を頼み自分が脳をみる薪。

そして鈴木の脳映像をみて、貝沼が自分への愛憎がもとで28人殺しを犯したことを知る薪。
ともに絹子が昔貝沼が勤めていた?施設?に居たことが判明。


ここで催眠を受けたのか、影響を受けたのか、そのあたりはハッキリとは描かれてません
(描かれているのかな。私にはちょっと匂わせるくらいにしか感じませんでした)

ただ、判明してもぶっつりそこで切れていて、鈴木さんの脳を見た意味がまったくわからない。
関係があったとしても、それを事件解明に役立てられたことは一切ない………。

そして絹子の幼馴染が死亡したという連絡が入る(原作では平井少年)
現場には少年と、彼の飼う犬の亡骸が残されていた。

彼の脳を見れば、絹子の犯罪が明るみに出るかと思われたが、少年は全盲で、脳映像を見ることは不可能だった。

オリジナルキャラクターの真鍋は絹子を捕らえる術がないということで、精神的に追い詰められ彼女を殺害しようとする。
それを防ぐ青木だったが、真鍋は自分の脳を撃って死亡。
真鍋に足を撃たれ負傷する青木。

入院する青木を訪ね、挑発する絹子。
その挑発になすすべはないものの、青木はある事実に気がつき、薪に「見るべき脳がある」と電話をする。

飼い犬(どうやら映画ではジョンになっているらしい。まあ名前はどうでもいいけど)の脳をみると、彼女がわざと少年を事故に合わせたこと、事故現場近くにたくさんの遺骨がある場所がわかる。

絹子を追い詰める薪。
しかし絹子はガソリン(?)を巻いて自殺

回復し、仕事に復帰した青木はとても続けていけないと薪に辞表を出す。
薪はなにも言わず、それを受け取るが、あるデータを青木に渡し「一度見てみるといい」と言う。

そのデータには少年の飼い犬のみた美しい世界が広がっていた……

というのが大体の事件の筋。
(記憶に頼って書いてあるのでちょっと前後しているかもしれません)

ん〜〜〜と………

パラパラしすぎてて、わかりにくいの!!!!!

これは、私が原作を読みすぎているからですかねえ!!!???

集団自殺のエピソードぞんざいに扱われすぎ!
鈴木さん=貝沼の脳をみた意味なし!

もうちょっと最初に、絹子と貝沼の関係を明らかにして、貝沼からの影響もはっきりさせ……
でもなにもできず……
貝沼事件をどうしても洗い直さないといけないというエピソードと、それを嫌がる薪さんをもうちょっと対比させても良かったんじゃないか……?
苦悩がないから、なんかそこがあまり重要に感じないんですよ。

そして万策尽きたところに、平井少年の事件でよかったんじゃないか………

いややっぱり2つは混ぜちゃいけなかったのか………


清水先生もインタビューでおっしゃってましたが、『詰め込みすぎ』感が否めないんです。

詰め込みすぎてるから、なんだろうこう……メリハリがない………。
わあわあしてて、思い悩むシーンや、苦悩、愛情などが伝わりにくい。


わかりにくいのを楽しむっていうのは、アリだと思いますが、でも物語のキモであるところはしっかり伝えないといけないんじゃないかと思います。

でも、エンターテインメントとしてサスペンスを楽しむのに慣れている人には面白いのかなあ??


もう、私は原作を読み込み過ぎていて、公平な目では見られないのです。



バラバラしすぎだから、貝沼が薪さんへの愛憎で事件を起こしたことが実感として伝わりにくくて、それに対しての衝撃を受けたように見えない。
『それは衝撃だったけど、絹子とのつながりがわかったから、まいっかあー!』みたいにさえ見える。

しかも、つながりまったく役にたたず。

それから青木くんが役立たずすぎる………。あのハイスペックすべて無駄。
「見るべき脳がある」って電話だけ???それはないわー。

そしてなにより最後の犬のみた世界だけで、この世界は美しいっていうのは無理ある………。
あ、あと鈴木さんのセリフ?「美しい世界があるって信じてる」
唐突すぎんだろ。なんで突然説明口調の言い聞かせ??


ん〜〜〜と。
ZIPのみた世界が美しいと青木くんが涙したのは、ZIPの見た桜が美しいからじゃなくて、いつも平井少年を見ていて、彼が大好きで、少年も犬が大好きで、そこには純粋な愛情があったから。その純粋な愛情がこの世界を美しく見せているということを実感したからじゃないでしょうか?
青木くんのお父さんも、口には出さなかったけど息子の仕事場の前で嬉しそうに撮った写真を大事にしていた。
やりきれない思いや世間体もあったかもしれないけど、きっとそこには愛情があった。
露口も許されないことをしたけれど、それも確かに愛情だった。

世界を美しく見せる愛情がきっとある、と思えたから涙したのではないでしょうか?

犬目線の美しい世界がありゃあいいってもんじゃないのよ??



でもなあ………………
映画という尺に入れようとすると、無理なのかなあ…………。

ただ、監督の意気込みとか、制作の熱量というのは確実に伝わってきます。
絵面はかなり美しくクオリティが高かったし。
もしかすると、私がこういう作りに慣れていないだけなのかもしれません。

うん。いいところもあったよ………。←すごい言い訳くさい



いいとこ!!

●第九捜査員が、装置を装着しないと脳内映像をスキャンできないというところで、精神に異常をきたすということが理解しやすくなっていた。
(でも逆に言うと倫理的に許されないだろうとも思う……。結局ビデオ映像みたいに記録できるなら別に捜査員じゃなくてもいいんじゃ?前にも書いたけど。それも許されないか……?)

●雪子さんがかわいかった。あんなかわいい人だったら、薪さんだってほだされただろう。

●鈴薪の友情………
しかし最後にみた映像が薪さんとの語りなんて、雪子さんの立場なし。原作以上になし(笑)映画まで鈴薪押し。

●青木=岡田くんが普段の愛されキャラっぽくなく、かっこいい見た目です。

●岡部=平山さんがいつも薪さんの後ろにいる感じが良かったです。でもあんなかっこよくないけど。

●薪=生田くんは見た目はそりゃあ違うけど、張り詰めた緊張感とか、美しさはなかなかよかったんじゃないかと思います。

そんなわけで……
次回は、映画版キャラクターあれこれについて語ってみたいと思います!!



ごめん、これ読んだらみんな映画行かなくなっちゃう………??どうしよう………。

そしてやっぱり犬の脳は犬を経由したのか、描かれてなかった………(^^;)
映画の理屈でいうと、犬の脳を経由しないといけないのよね。

描いたらギャグになっちゃうか………。










スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: ZIPが~(;´・ω・)

>粟田律さん
映画化になったおかげで、原作も盛り上がりましたし、ララの原画展なのに薪さんいたり、新しい読者さんもたくさん増えたりして、いいこともいっぱいありました。
でも映画………ほんと、原作とかけ離れていても面白いものになっていればよかったのに……。

>予想はついてました。
そもそもましゃ(福山雅治)=お師匠はんという
図式だけで「よっしゃあ!!」と思って
るろ剣みてガッカリした前科が私にはある

あ〜〜〜………
私、原作を読まずに秘密を見た方の感想を聞く機会がありまして。
「やっぱり2つを混ぜたのが敗因だったんですかねえ」
といったら
「るろ剣でも同じことやらかしてますからね。前科持ちですよ」
といわれ、あ〜〜〜〜〜……………とおもった次第です。

>もう悲哀とか心理描写とか詩的なところがある
漫画の映画化は岩井俊二監督(花とアリス最高!!)
に一任したいです。

ああ~ライオンがどうなるのか。。。
もう島田八段=佐々木蔵之介という完璧図式だけで
安心できないよ~(/_;)

本当ですねえ………。将棋のコマがびかーーーーーって光ったりしたらどうしよう。
にゃんたろー予想ではあかりさんが銀座のクラブのナンバーワンになっていると思います。たぶん。
イヤーーーーーーッ!!!

>ところでZIPがジョンになっているのは
なぜ(。´・ω・)?としばし考えて
ZIP→(某番組)→犬→脳を摘出→(何かを摘出)
という図式を
恐れ多くも可視光線の時の薪さんのように
頭の中で組み立てて
ああ、なるほど、と思いました。

ええ??そうなんですか!?
ふふふ。

>いつもながら
分かり易く丁寧なレビューありがとうございます。
にゃんたろうさんの脚本なら良かったのに。
「まぜるな危険」にバカ受けです!!
いえいえ、とんでもない………
やっぱり混ぜたことによって散漫になってしまって、どっちも活かしきれてなかったのがいけなかったですねえ。

ZIPが~(;´・ω・)

こんばんは~。

私が薪さん病(薪さん大好きすぎる病気)に
なったのも映画化を聞いて原作を読んだのが発端なので
そこは感謝するものの
やっぱり酷いことになっているみたいですね(>_<)

予想はついてました。
そもそもましゃ(福山雅治)=お師匠はんという
図式だけで「よっしゃあ!!」と思って
るろ剣みてガッカリした前科が私にはあるので
単に犯罪とか事件物だけなら大友監督もアリで
しょうが
あのるろ剣でさえあの無残な有り様なんですから
もう悲哀とか心理描写とか詩的なところがある
漫画の映画化は岩井俊二監督(花とアリス最高!!)
に一任したいです。

ああ~ライオンがどうなるのか。。。
もう島田八段=佐々木蔵之介という完璧図式だけで
安心できないよ~(/_;)

ところでZIPがジョンになっているのは
なぜ(。´・ω・)?としばし考えて
ZIP→(某番組)→犬→脳を摘出→(何かを摘出)
という図式を
恐れ多くも可視光線の時の薪さんのように
頭の中で組み立てて
ああ、なるほど、と思いました。

で、
そんなこと気にするぐらいならもっと
原作に敬意を払って~!!(絶叫)と
なりました。

いつもながら
分かり易く丁寧なレビューありがとうございます。
にゃんたろうさんの脚本なら良かったのに。
「まぜるな危険」にバカ受けです!!

Re: なんだか長くなってしまいました。

>kanoさん
はじめまして!コメントありがとうございます!

映画化がきっかけで『秘密』を読まれたのですね〜!

>映画を見た感想は「漫画を読んてでも映画の内容がわからない」でした。
私が読み込みが足りないだけなのか、もしかして映画は映画としては面白かったのだろうか、とわからなくなっていたところにこのブログに出会いました。
ああ……!!
漫画を読んでても……!!

やっぱりわかりにくすぎますよねえ!?
私も同じことを思いました……。

漫画を読んでいない方は、きっともっとわからないですよね。

>貝沼と絹子の関係もよく分からない
そうそう。あんな多分フラッシュバックみたいな映像で5秒くらいのものじゃ、過去に会ってたらしい、くらしか理解できないですよね!それじゃあ絹子を逮捕もできないし、鈴木さんの脳を見ないといけない理由がわからなくて、「鈴木の死を無駄にはしない!」とか言われても、観客ポッカーンですよ!!

お金も……やっぱ食料にするべきだったんじゃないかっ!!
そんなとこわかりやすくするくらいなら、もっとほかのとこわかりやすくしてよぉ!!!

……と思いました。

そしてみんな大ブーイングの平井少年!!
あんなのあんまりですよねえ。

>ZIPは平井少年と一緒にいることが幸せで、大好きな平井少年を見つめている幸せこそが、美しい世界を作っていると思うのに、綺麗にまとめましたーって感じになってて違う!とじたばたしてました。

そうですそうです!!
あそこがすべての人にジーンとくるのは、その映像が自分や自分の大好きな人、大好きだった人の間にもある純粋な美しい感情を揺さぶるから、というのが絶対あるとおもうんです。
だから、いくら綺麗に撮っても、キャッキャわいわいしている人々じゃあ何も迫ってこない……。

>でも映画化したおかげで、気になりつつ読んでいなかった秘密を読むきっかけができたことに感謝してます。これからは漫画を追っかけていきます!
そうですよね!私もきっかけは映画化だったので、やはりそれには感謝です!

>ブログもまだ途中までしか読んでいないのでこれから読ませていただきます!
ありがとうございます!
すごいコメディに振れていてゴメンなさい………。
茶化しているわけでは決してないのですが………
(映画がどうこういう資格があるのか……^^;)

そしてライオン!私も心配………。
ライオンも私にとっては大切な作品なので………大コケは悲しい………。

なんだか長くなってしまいました。

はじめまして!

私は秘密が映画化されることを知って、映画を見てから漫画を読むか悩みに悩み、結局1ヵ月ほどで新装版を読んで映画を見に行きました(笑)

映画を見た感想は「漫画を読んてでも映画の内容がわからない」でした。
私が読み込みが足りないだけなのか、もしかして映画は映画としては面白かったのだろうか、とわからなくなっていたところにこのブログに出会いました。

やっぱり説明不足なところが多かったと思います。薪さんのハイネックにも一切触れていなかったし(包帯か何か巻いてると思ってました)、貝沼と絹子の関係もよく分からないまだし...。

そして私も薪さんのお金はダメだと思います(笑)薪さんから漂うお金持ち感があの場から浮いている。

事故現場での平井少年へのあっさりとした扱いにショックを受け、最後の映像は絶対平井少年の笑顔だと思ってたのにそれもなく終わってまさかといった感じでした。
ZIPは平井少年と一緒にいることが幸せで、大好きな平井少年を見つめている幸せこそが、美しい世界を作っていると思うのに、綺麗にまとめましたーって感じになってて違う!とじたばたしてました。

にゃんたろーさんの映画の感想に共感できるところも多く、他の方の感想を読んですっきりしました。ありがとうございます!

でも映画化したおかげで、気になりつつ読んでいなかった秘密を読むきっかけができたことに感謝してます。これからは漫画を追っかけていきます!

ブログもまだ途中までしか読んでいないのでこれから読ませていただきます!


P.S. 私もライオン心配です。

Re: お返事ありがとうございます

>いくらさん
いえいえ!こちらこそコメントありがとうございます!

そもそのこのブログをはじめたのが、漫画や映画の感想をきゃっきゃわいわいと言い合いたいという目的でしたので、とても嬉しいです。
映画自体はちょっと………あの………アレなんですけど………。

>映画のおかげで、原作の素晴らしさに改めて気付くことができて良かったと思うことにします!
うん、やはり原作は素晴らしいです。絹子事件は名作です!!

あ、ファミマプリント、すごく綺麗ですよ〜〜!!
私も第九メンバー集合写真をまだプリントしてないので、早く行かなくては!
オススメです!(^0^/)

お返事ありがとうございます

にゃんたろーさん、お返事ありがとうございます!
もやもやしていた気持ちが、こちらにコメントさせていただくことで少しすっきりしました。
(まあまだ納得いかない気持ちは残ってますが…)

映画のおかげで、原作の素晴らしさに改めて気付くことができて良かったと思うことにします!

あと、過去記事見させて頂いて初めて知ったのですが、ファミマプリント絶対買いに行こうと思いました!
あの美麗なイラストが自分のものにできるなんて…
明日は仕事ですが、ファミマ寄って帰ります!

Re: 初めまして

>いくらさん
コメントありがとうございます!
どうやらいくらさんと同じ方がたくさんいらっしゃるようで、映画公開からうちのアクセス数がすごい伸びましたよ……。

>映画と原作は別物、わかってはいますがやっぱり、「どうしてこうなった」感がぬぐえません。
ほんとですよ………
正直、映画だけで考えてもどうしてこうなった、です………

>それをどう守りながらそれでも真実を追い求めるか、そこに苦悩する第九の人々がまったく描かれておらず、一体何を表現したかったのか。
そうなんですよ!
苦悩ナッシング!ぶっちゃけ秘密さえナッシング!!
お話になってない〜〜〜!!

絹子役の方は評価がわかれるところですね。
私もたしかに違和感は感じるものの、頑張ってるなあ、とは思えたし……まああれはあれでいいのかなと……。

でもツイッターの感想で、男性が「脱がれても賢者モードです」って言っていてちょっと笑ってしまった(^^;)

佐藤健くん、いい役者さんですよね。
でもるろ剣は合わなかったと……
うん……大友監督あわないのかもですね………(^^;)

>原作はずっと読み続けている大好きな作品なので、
にゃんたろーさんのブログも読ませていただきますね。
ありがとうございます!
だ、大丈夫かな。すごいコメディに振れてるんですが、決して原作を愚弄しているわけではないんですっ……!!
すべては秘密への愛なんですっ………←言い訳モード

あ、そして平井少年の扱いがひどいの、すごく同感です!

あそここそこだわるところ!
かわいい少年を持ってくるところ!!リリーさんを切ってでも!!

>ZIPは平井少年の目であり、かけがえのない友達だった。
だからこそ、ラストの映像が美しいものとして
青木を感動させるのに…
公園の知らん人たちなんて犬は見てないよ!
ずっと平井少年ばっかり見てたんだよ!

そうだそうだ!!

だいたい、自分がなにかに打ちのめされたときに、幸せそうなカップルとか親子とか友達とかきゃっきゃわいわいしてるのみて「世界がこんなに美しいなら……」とか思えるか!?思えねー!もうにゃんたろー汚れてるから無理!!

………ってすごい思いました。てへ。

ZIPの少年へのまっすぐで純粋な愛情が、見る人の自分の中にもある、またはあったその感情を揺さぶるからこそ、あのシーンは感動するんであって〜〜〜!!!!
あそこが一番の失敗ですね………。

追記:平井少年

すっきりしたと言いながら、まだありました。
言いたいこと…

平井少年の扱いひどすぎ。
岡部さんが平井少年の両親に頭を下げて
MRI捜査をさせてほしいと頼み込んで、そこで初めて平井少年が全盲だと知る流れのとこ。
一度は途切れた手がかりが、他に見られる脳がある!→ZIPの脳だ!で真実に辿り着く。
ZIPは平井少年の目であり、かけがえのない友達だった。
だからこそ、ラストの映像が美しいものとして
青木を感動させるのに…
公園の知らん人たちなんて犬は見てないよ!
ずっと平井少年ばっかり見てたんだよ!

もう、なんなんだよ大友…

初めまして

初めまして。いくらと申します。
今日やっと観に行けたのですが、あまりにもアレな内容に絶句…
ツイッターにガッカリをつぶやいていたのですがそれだけではどうにも我慢できず、
こんなに腹がたったのは私だけなのか?と検索していてこちらにたどり着きました。
にゃんたろーさんの感想を読んで、うんうん、そうそう!と共感の嵐です。

映画と原作は別物、わかってはいますがやっぱり、「どうしてこうなった」感がぬぐえません。

詰め込みすぎ、キャラ改変、意味不明なオリジナル要素…
みんなが隠したい「秘密」、それをどう守りながらそれでも真実を追い求めるか、そこに苦悩する第九の人々がまったく描かれておらず、一体何を表現したかったのか。

たくさん思うことはありますが、にゃんたろーさんはじめ他の方々が書いてくださったことに概ね同意なので細かくは書きません…。

LGは私も気になりました!なんでやねん!て。

評判の悪い絹子の演技ですが、私も最初はどうかな?と思ったんですけど、ずっと見てるうちに慣れたというか、これはこれでアリかな、と。
しゃべり方が舌っ足らずな感じなんですけど、
「異常性欲のサイコパス」って過激な設定と相反する幼児性ともとれて、絹子のアンバランスさを表してるかなと思いました。
ただそうであれば、何故絹子がそうなってしまったのか、を説明するには原作通りの理由があった方が良かったな。

考えてみたら、以前佐藤健が大好きだった頃、
原作まったく知らないのに『るろ剣』観たんですよ。
だけど全然面白くなかったんです。結局1部しか観ませんでした。
大友監督は、私には合わないのかしら…。

長々とすみません。吐き出したらすっきりしました。
原作はずっと読み続けている大好きな作品なので、
にゃんたろーさんのブログも読ませていただきますね。

Re: こんばんは

>lilithさん
うん!確かにその通りです!
あれ、わざわざもったいぶって「大事なことは3つある」って結婚式のスピーチじゃないんだから……(笑)

一にも二にも客観的にみることだ。くらいでよかったんじゃないか……。

>鈴木さんの脳を見る薪さんが客観的に見れてなかったっていうツッコミに不覚にも笑えましたw
確かに。
そして鈴木の死を無駄にはしないって、何も活かせてなかったように思うんですが………

あはは………。


こんばんは

今日知り合いと、薪さんのセリフで印象に残ってるので、『一、客観的に見ること。ニ、客観的に見ること。三、客観的に見ること』ってあったけど、鈴木さんの脳を見る薪さんが客観的に見れてなかったっていうツッコミに不覚にも笑えましたw

映画の後味の悪さ、第九の捜査員の死者の脳内映像を見たときの気分と似てるかもw疑似体験…なんて…

Re: 観てきました。

>ばろんさん
お疲れ様です!!

いやあ、どうしたかったんでしょうね………

でも監督このあいだFBで原作の大事なところはちゃんと描いたつもりって……おっしゃってて………
うむ………。

私も友人(1、2巻だけよんでる)に貝沼事件と絹子事件をくっつけちゃったんだよ〜と言ったら、「え〜あんな濃い事件2つくっつけたらダメに決まってるじゃない」といわれ………。
うん………だよねーっておもいました(^^;)

ご友人のダメなとこ2つが服とパソコンなのに笑いました。
パソコン、昔はああいうときって絶対アップルだったのに(笑)って感慨深く見ちゃいました。
LGだったのは多分……あれですよ。資本金出資の問題だとおもいます。韓国での上映も決まってるし。

スーツ……は、すごい不評ですね。
私はそんなに嫌いじゃないです(えっと、またそのうち記事にします……)

でも日本の警察官っぽくはないんですけどね(^^;)

「なぁ。そもそも映画ってさ、映画だけみて理解できるもんやないの?何で、理解するために原作読んだり読んだ人説明がいるの?可笑しくね?」
これはごもっとも!!!!
映画は映画だけで満足できるべきもので、満足した上でわからなかったところとか、隠しエピソードとか、そういうものを語り合うのが楽しいのであって、根本が楽しくなかったら「分かりにくいを楽しむ」が成り立たないです。

原作も、わかりにくいところいっぱいで、読む人によって意見が違ったりしますが、根本のストーリーの面白さはしっかりしてますもんね。
(青木くんの薪さんに対する想いも、恋だという人もいれば、家族愛だという人もいる……。そういう深読みするかどうかも、秘密の面白さだと思います)

>私は、ん〜。詰め込みすぎ。これに尽きます。
詰め込んで、いいとこつついてほったらかし。
ですねえ。
映画をみてない友人も「つめこみすぎるとろくなことないよね……」と言ってました……。
(その子は見てくれないそうです………)

大森さん、いい役者さんなのにもったいないですね。
まあ、全員だけど(^^;)

>リアル感を出すために関西弁そのままで書いたので、キツく思えたらすみません。
いえいえ。全然大丈夫です!

はー、しかし……せっかくだから映画も成功して欲しかったなあ………。残念。

観てきました。

遅ればせながら、観てきました。
いやぁ。うん、あれは辛口になります。
どうしたかったんでしょうね、アレは。

前にも言いましたが「別物」として観たつもりです。
…が!本当にそれどころじゃない‼︎
『秘密』というタイトルを持っただけのものでしたね。
観なきゃ良かったとかはないんです。
でも、原作を読んでなかったら観てなかったのは確かです。
2時間半も私は長いとは思わなかったですが、お尻が痛かったです。笑

友達の感想聞いてもらえます?不快でしたらごめんなさい。
映画終わって友達にどうよ?どやった?と聞いたら
「気持ち悪かった!めっちゃ気持ち悪い!
でもまぁ面白いんじゃない?分からんとこ多いけど。
リリー・フランキーっている?あの役って誰でも良かったんじゃないの?
斗真のトックリは何?は?防弾チョッキ?何の説明もないやん。何で防弾チョッキ着てはんの?
絹子よ!あの子気持ち悪ぅ〜。あの棒読みのセリフもワザとなんか分からんけど、それすら気持ち悪かった。これからあの子見たら気持ち悪いしか思えんわ。
私、この映画で腹が立つとこが2つあんねん。1つはスーツよ。ベストなん?なんでボタンないの?未来の流行りか何か?ダッサ。笑
もう1つはパソコンよ。なんでLGやねん!日本の映画なら日本製使えよっ!
良かったとこ?栗山千明。あの人綺麗やね。あれ?あの人の役名なに?誰か名前呼んだ?
で、結局何が言いたかったん?神の領域を侵したらアカンってこと?でも最後には「第九」は認められた訳やろ?纏まりのない映画だね。
途中寝かけたしな。いや、寝るやろ。あははは。
あ。青木、辞めたらアカンやろ。」
…でした。笑
一応、私なりに原作ではこうやで、ここはこういう意味があってっていう説明はしたんです。原作は全然違うくてすごく面白いんやで!って。
すると「なぁ。そもそも映画ってさ、映画だけみて理解できるもんやないの?何で、理解するために原作読んだり読んだ人説明がいるの?可笑しくね?」という尤もな意見を頂戴しました。笑
でも、原作を「読んでもいいよ。今度貸して」と言ってくれたんで、それは良かったのかなと思います。

私は、ん〜。詰め込みすぎ。これに尽きます。
詰め込んで、いいとこつついてほったらかし。
あ、あと大森さんが残念でした。
いい役者使ってるだし、勿体無い。

色々と言い過ぎましたが、友達は決して怒ってはいないので。リアル感を出すために関西弁そのままで書いたので、キツく思えたらすみません。

長々と失礼しました。

Re: 寝れない

> lilithさん
ああっΣ(=_=;)実はけっこう凹んでらしたのですね!

生田さんはよかったですよ!
岡田くんも!

松坂くんと合わせて、好きな俳優さんばかりだったので、私も悔しいです………。
ゆとりですがなにかのヒットも、後押ししてくれていたのに………。

>自分で思ってるより秘密が好きなのかもしれません
私もそうかもしれません。
というか原作と映画は絶対切り離せると思っていたんですが、その自信はどこへやら………です………

羊を数えましょう!羊でダメなら薪にゃんを……。(余計眠れなくなる??)

寝れない

やーわりと凹んでます

青木も鈴木さんもですが、生田薪さんわりと好きなので余計に悔しいですね~。

生田さん、目の演技上手かったなって思いました。

はぁ。私は多趣味であんまりのめり込まないようにはしていましたが、自分で思ってるより秘密が好きなのかもしれません(自問自答)


Re: 見てきましたー

>lilithさん
lilithさんも長すぎてトイレの罠に!!
リンクにあるeriemamaさんも、同じく鈴木さんの脳の最後に罠にはまったそうです………。
2時間半は長いですよね……。

>帰ってきたら平井青年の脳を見てるところだったかなー。
ああっ!?けっこう時間かかっちゃいましたね!?

役者さんは頑張ってましたよね。
詰め込みすぎと、脚本の陳腐さがやっぱり敗因だと思うんですよ………

わかりにくいとか言ってるのに、セリフはなぜか説明的だし……。

ほんと、いろいろ惜しいですよねえ……………。お金もかかってるのに………。
私もショックというよりは………もったいなーーーいい!!!!って叫びたい感じです。
ああーもったいない。

見てきましたー

今日見に行きました。
途中トイレ行きたすぎて青木さんが撃たれて倒れてるところで泣く泣くトイレ行きました…
帰ってきたら平井青年の脳を見てるところだったかなー。
真ん中の席だったので席に戻るのは他の人気が散るだろうから、最後は入り口付近で見てました

薪さんも青木も鈴木さんも雪子も、役者さんはバッチリでしたね…。
これで内容が良かったらどんなに良かったんだろうと思いました。
ただ、私も話詰め込みすぎて初見の人はわからんちんやんけと思いました。

途中、薪さん良く倒れるなあ…としか思わなくなりましたw

薪さん、青木、鈴木さんに雪子は役者さんは良かったけどなあ…もったいない

絹子…他の人も言ってましたが、ホラーの富江に似てるなーと思いましたw

詰め込みすぎてなんだかなあ…

オリキャラの存在もいるん?って思いましたorz

私、秘密好きですが、狂愛ってほどでは無いので、わりと冷めた目で見てたのでショックとかは無いんですけど、

それでも惜しいなあと思いました。

あ、唯一良かったのは鈴木さんの脳を見てる薪さんのシーンでした。でも原作読んでるから良かったなって思えたのかなと思いました。

Re: やっと来れました

>AKさん
やはり、だいたい同じ感想でしたか………。

>やっぱり脚本詰め込み過ぎなのは明白ですね、映画は基本監督の物なので、方向性や表現するところは、監督の思うままになるのは仕方ないですね。
ですねえ。あの、プラチナデータもなんか酷評じゃなかったでしたっけ………。
絵的にわかりやすいのも男子的カッコイイのもいいんですけど、肝心なところは押さえてほしかった……。

とくに秘密はアクションはあんまりないし、絵を見るだけのお仕事なので、人物を掘り下げないと絶対つまらないんですよ!

>でも原作未読であれ解るかな?
けっこう複雑でしたよね?
で、更に原作感もほぼ無くなってましたよね?
はい………。
まあ原作感は期待してなかったんですけど、映画のみで見た場合のお話としても、いけてなかったのがほんと残念………。

また言いたいことが溜まったら(笑)ぜひいらしてください!!

やっと来れました

こんばんは、水曜にやっと映画が
見られて、なかなかこちらに来られなかったのですが、ようやく皆様の
感想を読めて、大体同じこと思ってたので、納得しました。

やっぱり脚本詰め込み過ぎなのは明白ですね、映画は基本監督の物なので、方向性や表現するところは、監督の思うままになるのは仕方ないですね。
プラチナデータでもそうだったのですが、
あの近未来的な機械類とかを
リアルにお金かけて再現したいのかな?
画的に分かりやすいし、カッコいい。
予告とかでアピールしやすい。
結果あまり意味がないことに時間とお金掛けてる気もするけど。

映像や、演技はほぼ良かったと思います。
(いや、上から目線だ)
でも原作未読であれ解るかな?
けっこう複雑でしたよね?
で、更に原作感もほぼ無くなってましたよね?
何より絹子の反抗動機何?!
ただのサイコパス?
(でもあれじゃあ誰もそそられないよ?)

なんてのがはじめの感想ですが、
もっと言いたいことありますが、
長くなったのでまた今度
失礼いたしました。

Re: 初めましてm(__)m

>ぴのこさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

清水作品は、ファンタジーやSF色が強いから、一般の人はなかなか読んでくれないですよね(^^;)
わかります!
わたしも秘密があまりに秘密が多いので(笑)ネット検索をして今こんなことに……

>実写化、で期待はしてはいけない、とあれだけ多くの過去作品が提示してくれたにも関わらず(笑)「別物」として考える。と妙な自信もあったのですが、でも、これはこれは…と納得できなかったのでようやくネットで検索
こちらもわかります!
わたしも別物として考えられると妙な自信があったんですけど……もろくも崩れ去り………

わたしもやりようによってはあの2つを混ぜられるのかも……と思ったんですけど、あまりに2つの事件はインパクトがそれぞれありすぎて、やっぱり混ぜるとどっちもぼやけちゃうのかなあ………とも今は思ってます。
もし、しっかり筋の通った脚本だったら、演出がもっと上手だったら、違ったのかもしれませんが………

あまり薪さんの葛藤や、心の秘密が伝わってきませんでした。
原作ではどうして鈴木さんが自分を殺そうとしたのが、わからなくて、わかりたくなくて苦しんでいましたが映画にはそれがなくて、貝沼と絹子のつながりをしるために見ますが過去接触がわかっただけで、「………で??」って感じだったし……。だって接触があったからといっても捕らえることもできないし、「鈴木の死を無駄にしない」がから回っている……

あれだと鈴木さんもなんで自分の脳を撃ってくれっていったのかわからない。ただ錯乱しただけみたいに見えました。
薪さんの不安定な脆さを表す場面も少ないので、あの事実を知ったらダメになるような繊細な人っていう演出もないし……。

貝沼の「供物」は一応 「28人はあんたへのプレゼントだ」っていうセリフがあったような。「殺された28人は神の領域を侵したあんたへのプレゼントだ」だったかなあ………??

背中に組んでた手をほどいたくらいでは、ダメですよねえ。だってその前が描かれてないんだもの。

あーーーー!!!もう、すみません。また辛口に………

また遊びにいらして、お気軽にコメントしてくださいね!

初めましてm(__)m

初めまして。突然、失礼します(;'∀')『秘密』連載開始から、ずっと追っかけている清水玲子さんのファンの一人です。『秘密』については今までこっそり楽しんでいましたが←というか、清水作品について、私の周りで理解してくれる人がいなかったんですねー…SFっていうくくりで苦手意識を持つ人だらけで(泣)なので、ネットで共有、という基本的なこともすっかり失念してしまい、今日の今日まで至ってしまいました。💦でこの『秘密』の映画化。どれだけわくわくしたことでしょう。実写化、で期待はしてはいけない、とあれだけ多くの過去作品が提示してくれたにも関わらず(笑)「別物」として考える。と妙な自信もあったのですが、でも、これはこれは…と納得できなかったのでようやくネットで検索(遅)💦ここにたどり着き、ブログ主様の抑えた筆致とコメント欄を彩る方々の多くのご意見に激しく同意を覚えて、とにかく、一言!と思い、ご迷惑を承知で書き込んでいます(すみません。前振り長くて)💦長文で本当に申し訳ないのですが、一言でいえば清水先生はじめ皆様の「詰め込み過ぎ」に尽きると私も思います。ただ、貝沼の執着と絹子の事件を連動させ、絹子も実は呪縛者のひとりであったこと、それが父親への連鎖であったこと、が面白い着眼点だと思ったんです。貝沼が人数の多さもさることながら、一人一人をどうやって殺していったか(ここで薪サンへの「供物」という表現がほしかったのですが、見落としていたのでしたら、すみません)その陰惨さを際立たせるものだとすれば、ですね。で、さらにおかしな←(こら)リリーさんもそれを強調するものとして。・・・でもその解決、というかそういうこと、に関わっているのが全て「真鍋警部」。物語って登場人物が何らかの変化を起こすもの、としてあるのだとすれば、肝心の「薪」はいったい何をしたのか?・・・「心の秘密」を暴く葛藤がいつも付きまとっていたのに、この場合の秘密って?露口は絹子を愛していたから身代わりになった。それがメインの秘密、だったのでしょうか?最後の最後に薪が背中を組んでた手をほどいた。あのシーンは薪の心の開放を意味する、みたいなことをどこかで読んだのですが、そこに至るまでの葛藤は?(原作では十分描かれていたから、脳内補てんはばっちりでしたけど)(;'∀')とずっとぐるぐる。何より、「薪」が絶対信頼されるべき存在としての抑えが薄かったことに、これはもしかして3部構成あたりにするつもり?(こら)などと思った次第です。長くなって本当にすみません。これからもブログの更新、楽しみにしております。熱い日々が続いているので、ご自愛くださいませm(__)m

Re: No title

>綾さん
コメントありがとうございます!!

綾さんの感想に首ががくがくするくらい頷いてしまったので思わずコメントしてしまいました。
とくに犬の目線画像………ですよね!?あそこなんだとおもってるんでしょうね??

原作のストーリーの完成度が高いから、そのまま脚本を描いていたら良かったような気がしちゃいます。

>原作ファンに対しては冒涜に近い改悪、初見の人はわけわからん詰め込みってどんだけ駄作・・・!!
やっぱり………原作ファンもまあアレですけど、初見の人にわけわからんっていうのは、作品としてダメですよね。
理解できない方がが悪いっていうのは、ものすごいカッコ悪いいいわけだとおもいます。

はあ〜〜〜………
せっかくいい俳優さん、スタッフさんを揃えてめっちゃお金かけて宣伝してコレ………
泣けてきます………。

脚本ーーーー!!!!

No title

感想が一言一句激しく同意すぎます・・・!
なんなんでしょうね!
監督は「秘密」という道具を使って何を描きたかったんでしょう・・・?
原作が十分映画っぽい作り方だと思うので変にオリジナリティ出さなければ面白い作品になった気がするんですけど。

貝沼だけ、絹子だけをじっくり描いて欲しかったです。
にゃんたろーさんのおっしゃる通り、絹子編は絹子と父親、青木と両親、少年と飼い犬のそれぞれの愛憎とMRI捜査という職務への苦悩が絡み合った1本の素晴らしいお話です。
あれもこれも無理やり繋げたことで結局整合性が保てなくなってPVみたいな映画になっちゃっていたのが腹立たしすぎる。

原作ファンに対しては冒涜に近い改悪、初見の人はわけわからん詰め込みってどんだけ駄作・・・!!

Re: 私、感想言わない方がいいと思うんですけど…;;

>ゆけさん
ゆけさんから怒りの青い炎が立ち上っているのが見える………

お話へたくそ………。

うん、わざとだって何度かインタビューで言ってたからわざとだと思うんですが、やっぱり人を引き込むには静と動を使い分けないといけないと思うんですよね……最後とかもうずっと大きな音がなっているみたいな脚本で、辛かった……

MRIの功罪については、原作ではかなりよく描かれてますよね。
実際事件をスピーディに解決できるという功はすごいですし……

死体、たしかにツインピークス感ありました(笑)

あと薪さんの天才っぷり、「類稀なる知識と洞察力を併せ持つ薪警視正、この人の手にかかったときに」って思わせるシーンが一個は必ず欲しかった!

ライオンは見に行きませんかー
わたしは見に行っちゃうとおもうけど、不安………
あの世界観と監督の撮りたい世界観って真逆じゃないのかな。

これは多分監督が絶対やりたいって原作じゃなさそうだから、そのほうがうまくいったりするのかな〜

>映画、なんか私の知らない人ばっかりだったので、原作を忘れて観れた気はします(笑)
そっか!
わたしついついやっぱり原作に引っ張られてしまい、フラットに見られませんでした。
だめねー。

いや、やっぱ脚本だよ……うん………。


Re: 激しく同意!の感想でした!!

>ちえまるさん
ありがとうございますうううう〜〜〜!!

>原作ファンが憤りを感じるのは仕方ないと思う…あれだけ別物になるんなら、原案だけ借りてオリジナルの脚本で、オリジナルの別作品にしたら良かったのに…;
本当に……!!
脳内映像を撮りたいとおもった監督の気持ちはわかるので、その設定を生かしてちゃんとしたお話を作ればよかったのになあ……。

>そうするとますます評価が下がるんじゃないかと…(ーー;)「なにこれ意味解んない」…とか、「ゲッ!グロい‼︎」とか。
たしかに、読み取ろうとする意志があまりないと、さらにさらに意味がわからなくなりそう………(^^;)
にゃんたろー、グロさは全然平気でした。
一番「こえー!」とおもったのは薪さんがみる鈴木さんの幻覚だったし………

>人間を介してたらそれはそれで不思議だ(人間と犬では脳の回路が全然違うやん…)
そうそう。でも科学的に突っ込んじゃいかんですね(^^;)

犬の脳の絵がただ美しかったことが、鍵じゃないんだよなあ〜〜
だって、美しい風景だったら日々まあいろいろあるじゃないですか?
夕焼けとか道端の花とか、月とか………
何度もいってしつこいですが、美しさとともに愛情というものを感じたからの、あのラストであって……。
そして青木くんが少しは平井少年に報いることができたという涙であり、お父さんへの涙でもあり……

そんな簡単なシーンじゃないのに〜〜
そしてそれは監督も多分わかってるはずなのに〜〜〜なんでああしちゃったのかな〜〜〜

キャラ編!こっちはちょっとは褒められるかも!!(爆)

私、感想言わない方がいいと思うんですけど…;;

原作からかけ離れてても、お話さえ確立されてればそれでよかったのにって感じですよねえ。
監督がどういう目で秘密を見てたのかは、よくわかった気がしましたけど。

ひとつだけ暴言を吐かせていただくなら、お話へたくそか、っていうのがずっとあったってことですかね…?もうちょっとできてるかと…。
終始、映画を通してMRIの悪口を言われているような感覚もありましたねぇ…なんでしょう…?MRIの魅力が全然なくて、なんでそんな危険で害のあるものを正式機関にしようとしてるんだろうって。マッドサイエンティスト集団か、みたいな?( ゚д゚)

これはかなり個人的な意見ですが、端々にずっとあるハリウッドの呪縛みたいなのが好みじゃなくて、シド&ナンシーばりの南京錠とかマルコビッチの穴とかはもう、私はうすら寒かったです(失笑)…ごめんなさい……;; これは個人の好みの問題…
あ、死体はツインピークス感あった(笑) …そこ!?

あと薪さんを含め全員があんまり賢い人じゃなかったのが……あ、なんか暴言ばっかり…;;
苦労話を聞いてるだけに、これは俳優さんがいくら頑張っても…というか、南朋さんも含め、あの俳優陣でこれはいかんだろう、もったいない、という印象が;;;

なぜか鈴木のゾンビで吹いちゃって、やばい;;って縮こまって変な汗かきました…;;

全体的に湿度がない…っていうか………なんて言ったらいいんだろう;; (頭ガシガシ)
(ライオンは、その鬱陶しいほどの湿度が必要なお話だと思ってるので、もうライオンは観ません(笑))
映画、なんか私の知らない人ばっかりだったので、原作を忘れて観れた気はします(笑)
振り返ってみると青木はいなかったし、薪さんも思ってたよりも薪さんじゃなかったです( ̄▽ ̄)

(っていうかもう、そっとしといてあげたい気持ちも出てきてるんです……;; やめてあげてーみたいな気持ちもちょっとある……;; 原作ファン以外からの酷評は辛いかも……)

Re: わんこの脳

>通行人A様
こんばんは!コメントありがとうございます!

そうなんですね〜!?人間を介して再生?人間の脳の電気信号と犬の脳の電気信号って同じに反応するのかなー(^^;)


>画像の端っこに名前が入ってるそうなので次に見る時にチェックしてみようと思います。
わたしももしもう一度見ることがあったら見てみます!

情報ありがとうございます!

激しく同意!の感想でした!!

にゃんたろーさん!解るよ~辛口でもないよ~!何とか良いところも書こうとするところに、にゃんたろーさんの人柄が現れてるよ~!!!!

原作ファンが憤りを感じるのは仕方ないと思う…あれだけ別物になるんなら、原案だけ借りてオリジナルの脚本で、オリジナルの別作品にしたら良かったのに…;

世間の評価はここからがキツクなると思うな~
映画って、第2週からは一般の人で、原作ファンでもない、役者ファンでもない、ニュートラルな人が観るでしょ~?(単に休日の、時間があまってて映画でもみようかな~ってだけの人)
そうするとますます評価が下がるんじゃないかと…(ーー;)「なにこれ意味解んない」…とか、「ゲッ!グロい‼︎」とか。

私も、別物と割り切ってみたけど…別物として普通に「パラパラとしてまとまりがない、結局何を言いたかったのか核となる部分が弱い」って思ったから…原作とか関係なくても。
ニュートラルな人が見たら、もうそれこそ、「は?」って人が多くなりそうなのよね…;

最後の、犬の脳の絵は、あの大道芸人とか、家族の幸せそうな絵とか、カップルの絵とか…おいおいおい、そーゆーことじゃなくて;;;って思っちゃった。(これは原作のあのイメージを求めたからだと思うけど)
私も犬に装着して、映像化したと思った!確かにそれはギャグだー(動物いじめっぽくもなるし)
人間を介してたらそれはそれで不思議だ(人間と犬では脳の回路が全然違うやん…)(あの記号は、どことどこを合わせたのだろう…;)

にゃんたろーさんの、キャラ編の感想も楽しみにしてます~^^

わんこの脳

こんばんは。映画の感想を巡っていてたどり着きました。
zipの脳は人間を介して再生してるそうですよ。監督が言ってました。画像の端っこに名前が入ってるそうなので次に見る時にチェックしてみようと思います。
唐突に失礼しました。

Re: う~ん

>ばろんさん
すみません、辛口で〜〜(T_T)これでもちょっと抑えたほうなんです〜〜

わたしも別物として見たんですけど、脚本がとっ散らかってるのが本当にどうも………
多分映像美とか俳優さんはなかなかよかったので脚本が……辛すぎました……。

13日に行かれるんですね!
ぜひ感想をお聞かせください。

ご友人の感想もうかがいたいです!!

う~ん

にゃんたろーさん、感想ありがとうございます!
細かい感想、読み応えありでした。
・・・辛口ですね。
他のブロガーさんの感想も拝見しましたが、概ねみなさん辛口で。
私はまだ観てないんですけど、かなりハードルは下がった感じです。笑

私、基本原作(マンガ)ありきの実写映画はあまり好きではないんですね。マンガってだけに映像が出来上がってるので。
だから最初は観る気全然なかったんです。「え~。斗真??ちゃうし~」って何度言ったことか。笑(いや、斗真くん好きですよ。キレイでかっこよくて。イケパラの時からファンですよ!)
でも、BON子さんに「別物として観る」と聞いて
なるほど!と思って観ようと思ったんです・・けど。
いや、観ますよ。13日に行きますので。
逆に楽しみになりました。観終わった時の自分が。笑
マイナスからの出発?ははは。

一緒に行く友達に小冊子を読ませたんです。
甘噛みくらいした方が入ってき易いかと思って。
「面白かった。続きが気になる」って言ってたんですけど、読まさず真っ白でいった方が良かったかなぁと思ってます。でもそれだと、後から「意味分からんかった」って言われそうで。(説明するのも面倒だし)

何だかんだ言っても仕方ないので、取り敢えず観てきます。
そして、もしよければその時私の感想も聞いてください。

Re: 原作未読の主人の感想

>がんこさん
おお、未読の方の感想!!
あ、でもなかなか鋭いところをついてらっしゃる!!

>3人しか知らん秘密を廊下でしゃべっちゃあかんだろーー雪子。
あ、これ、わたしそんな無茶な、と思いました。3人しか知らんって無理でしょ!って(笑)

原作鈴木さんの遺体は脳データだけ取りだしてた設定ですが、あんな風に保管されるなんて遺族はたまったもんじゃないですよね〜〜

そして息子さん!!なんて利発なんでしょう。
おっしゃってることがいちいち的を得てる………
うん、そう、その通りなんだよ…………


頭から声出す声優(笑)ちょっと受けました………
そういうキャラでてこないからきっと大丈夫……
雪子さんも声低そうだし……。

>じゃ、少し仮眠とって仕事行きまーす、おやすみなさい。
お疲れ様でした!!
感想ありがとうございます!

Re: ぶはっ!(笑)

>ゆけさん
うん………。ごめん……。辛口やめようと思ったんだけど………。

人様の作ったものにケチつけるの基本嫌いだから………。ってか辛いから………。

モンキー的映画のススメ、拝見しました!まるっと同意!!
流れが右往左往して冗長してしまってる!その通り!!

そして「死刑囚の脳でもいいじゃね?」っていうのはわたしも前にこのブログで書いた……。(コメント欄だったか?)で、す、よねー!

半休!!いいですね。また感想お聞かせください。
ざわつきますよね。こんなん言われたら。

>でもあの監督だったらまぁそうなるだろうね、ということしか今のところ起こってないような気がしていますが、どうでしょうね…私たぶん人一倍 監督に期待値低いですからねぇ……
ゆけさんも「るろ剣」で監督に腹を立てたお一人ですもんねえ………。
映像とか俳優起用とかは結構いいとおもうんですよ。だから…………

脚本………???

別の人が請け負ったほうがいいんじゃあ………??

ああもう、「3月のライオン」が今からすごい心配………。


Re: 覚悟はしていました

>kumさん
はじめまして!コメントありがとうございます。

そして『る●うに剣心』ファンの視点からのご意見ありがとうございます。
なんかもろもろで泣けてきました………。
お……お疲れ様でございました………。
そうか………。

そうそう、やっぱ一晩考えたんですが、あの2つの事件絡めようというのが無理だったんですよね!!
どっちかに絞るべきだった!!
もしくは、絡めるんなら大胆な大筋の書き直しが必要だった!
なぜ鈴木さんのみた貝沼の脳を見ないといけないのかまったくわからないし、見ても何も得られてない気が……ぶつっと切れてるんですよね。

>とはいえ、映画は観に行きますよ!
にゃんたろーさんの感想を呼んで『じゃあやめよう』とは思いませんのでご安心ください!
わーん、やさしいお言葉ありがとうございます!
嬉しい!

本当に、お話聞かせていただけてうれしかったです……。

また色々原作のことも書いていきますので、遊びに来てください!!

Re: 映画

>しーらかんすさん
なるほど……たしかに、映像はとても綺麗でした。脚本が……良くないのかも………。

髪の毛、剃ってないとこはわたしも気になりました。
ま、たしかにスキンヘッドだと間抜けですよね……。そこはビュジュアル優先したんですね(笑)

原作未読の主人の感想

おはよーございます。
先程、
茨城から地元岐阜へ深夜運転帰宅のがんこです。
映画前から期待コーフンでの寝不足、
加えて2晩連続の高速道路と野フェス飲酒と踊り狂いで
人間の限界に挑戦中です。
かなり今、ナチュラルハイなので、自分の感想は
クールダウンしてから。
で、一緒に見た旦那の感想を伝えます。
原作未読。予告編未視聴。生田ってどの人?っていうHP0のレベルです。
1.詰め込み過ぎ。半分のエピで良かったのでは。
2.リリーは要らん。
3.絹子はソシオパスとの理解でいいんか?
 映画の大半を引っ張る悪としては、力不足、説明不足。ブサイし。(なぜか、ここにこだわってる。因に主人は安室ちゃんファン。)
4.3人しか知らん秘密を廊下でしゃべっちゃあかんだろーー雪子。医者としてどーなの、守秘義務とか。
5.雪子が薪を名前呼びに違和感。人間関係の説明不足。
6.アオキのハイスペックは必要設定?スペックがストーリーに生きてない感じ。
7.前半良かったのに、後半失速したなーー。
8.吉川に2万やったら、チョッといいワインに化けるだけやろ、あかんやろーー、それは。
9.なんで鈴木の遺体は保管してあるの?遺族居ないの?露口は火葬したのに。
10.MRIは捜査管の脳を通過せんと映像化できんの?じゃ犬のMRIを人間が見て映像化?
11.盲目の高校生はなんで殺されたの?見えないならいーじゃん。
12.犬のMRI、アオキが思うほど美しい世界でも無いな。
13.大森刑事(すでに役名をおぼえていない夫)は、おれらみたいな初心者に分かりやすいポジやったな。
14.エンドロールの制作のジェリー藤尾って死んだんじゃなかった?(すっごい大きな勘違い)
15.なんで薪は、倒れるの?持病って貧血?
 むちうちっぽいから、交通事故とかしたの?後遺症?
16.薪のボランティアシーンって何かいややな、なんつーの、偽善者っぽい。
17.前半のスピード感で60点かなあ、まあ一回見ればじゅーぶん。ゴジラのが、オマージュ感じて面白かった。
それよりさー、お前暇なら、さ来週名古屋へハイライズ見にいこーぜ。
(映画館からの帰路車中、しゃべるだけ語り、スパッと切り替えるあたりも60点評価がうなずけた私。)

で、私と息子2号が不在中にコミック既刊本全16巻を完璧読。
導き出した答は、
『これって、面白い!一つずつの事件が解決してももわっと何か残るの、いいねえ。
 実写よりも、亜人やパトレイバーthe movieみたいに
 大人エンターテイメントの劇場版アニメでシリーズ化のが、向いてるんじゃないか。TVは規制多くて深く切り込めないやろ!
 大臣の娘誘拐事件とかタジク事件とか観たいなあ。
 あ、頭から声出す女の声優無しな、桜井なんちゃらとか静かに怖い声のおっさん達で。』
でした。今夜から、原作2ターン目入るそーです。

布教活動、不在中に成功しとったわ。
じゃ、少し仮眠とって仕事行きまーす、おやすみなさい。

ぶはっ!(笑)

にゃんたろーさん、辛口になってるじゃないですか!(笑)

おもしろい感想ありましたよ。原作ファンでもキャストファンでもない、ただの映画好きなかたの感想。
にゃんたろーさんの求めているものがカケラでもそこにあればいいのですが…
モンキー的映画のススメ、秘密、で出るので、もし興味があれば。←勝手にURL貼っちゃいけないこと学習。(同じかな;;)

なんだか思ってたよりもざわついているので、明日半休ねじこんで来ました(笑) ヤマネさんに合わせてのんびり行こうと思ってましたが予定変更、とりあえず私も観てきます(笑)

でもあの監督だったらまぁそうなるだろうね、ということしか今のところ起こってないような気がしていますが、どうでしょうね…私たぶん人一倍 監督に期待値低いですからねぇ……
とりあえず、なんかすごい疲れそうな映画だな…って思ってますが、頑張って起きることにします!(笑) いつかは観るんだ。よし、がんばろ。

覚悟はしていました

初めまして
いつもブログを拝見させて頂いておりました。

今回、映画の感想について、どうしてもこの気持ちをお伝えしたくてコメントさせて頂いております。

実は私、まだ映画を見ておりません。
ですが、ニャンタローさんのご意見は『そうでしょうね』と頷いてしまえるのです。


というのも、実は私『る●うに剣心』の大ファンでもありまして……
原作は新書版から完全版をも集め、アニメ化10周年記念に発売された桐箱入りDVDBOXを購入し、『この作品だけは穢してくれるな』というくらい自分にとって大切な作品だったのですが……

世間的には大成功と言われている映画版が、あまりにもひどかったことに『大友監督』という方を信用できなくなっていました。
る●剣の映画は、正直『原作ファンには駄作と言われている作品』なのです。

それは何故か。
決して原作ファンの意固地な『こんなの、●●じゃない』という理想論ではなく、
まさに今回にゃんたろーさんが『映画版 秘密』に抱いた感想と同じ
『詰め込みすぎて、メリハリがない。わあわあしてて、思い悩むシーンや、苦悩、愛情などが伝わりにくい』という感じだったのです。

る●剣は三部作だったのに、ですよ?
『それだけ尺があって、なぜこんなに全部が中途半端なんだ』と、どれだけ悔しい思いをしたか……


そのような流れで『この監督は表現したいシーンがあって、そこへ至るようにストーリーを構成させるタイプなのかな』と思うようになりました。
なので『秘密』に関しても、心配していたのです。
(予告映像等を見ていた時点で、既に『●ろ剣と同じ匂いがする』と思っておりましたから)

だって、そもそも貝沼と絹子の事件を絡める意味が分かりませんよね!
そんなの、どう考えても美味しいとこだけ取って繋げたいだけだろって思っておりましたし
何より『映像美』しか考えてないんだなぁっていうのが透けて見えて……



なので、にゃんたろーさんの感想を拝見して確信しました。
『あ、やっぱりか……』と。

とはいえ、映画は観に行きますよ!
にゃんたろーさんの感想を呼んで『じゃあやめよう』とは思いませんのでご安心ください!

むしろ『僅かな期待も砕いておいてくれてありがとうございます』です!
心のどこかに「もしかしたら」という期待が少しはあったのですが、いっそそんな気持ちはない方がいいんだなって思いました。
いざ実際に見た時、ハードルを下げておく方が『思ったよりいいじゃん』ってなる可能性が高いですし(笑)

長々と申し訳ございません。
ただ、この気持ちだけをお伝えしたくコメントさせて頂きました。
これからもブログ、楽しみにしております。

にゃんたろーさんのペースで、たのしく続けて頂けますと幸いです

映画

いえいえ。本当に人の好みなので。
昔『記憶の海』っていう秘密パクったのか?って言うそっくりのドラマが(深夜帯)ありまして(筒井君主役)設定が似ていたので気になってみたのですが深夜帯のせいもアリ予算が限られていたのか記憶の脳内映像が悲しいくらいしょぼくて安っぽくてそれに比べたら映画『秘密』はもう本当流石!大友監督!って迫力の映像でもうあれが観れただけで大満足でした。映画で気になったのは雪子が髪の毛そらずにジョリジョリメス入れるとこですね(笑)そこはリアルにしないのか監督(笑)まあでもスキンヘッドの鈴木は間抜けだしな。。と勝手になっとく

Re: (^_^;)

>あおさん
うふふ………あはは………

>貝沼と絹子の関係性というか、あの施設?教会?てかあれ本当にどこ?って思ってました。
そうなんですよー。
リリーさん出すヒマがあったらあの辺りちゃんと分かるように描いて〜〜って思いました。
理解力がないとかそういう問題じゃないとおもいます……

そうそう、愛の深さが……あまり感じられなくて………
やっぱりエピソードをもうちょっと削ったほうが良かったんじゃないかなあ。

何回かみて、暗喩みたいなのとか遊びを発見して楽しむっていうのはアリだとおもうんですが、本筋はちゃんと描かないと次にみてもらえないと思うんですよね……。
まず「うわー、おもしろかった。もう一回見たい」って思ってもらわないと……

原作もさらっと読んだだけでもおもしろくて、何回も読んでいくと「あれ?」「あ、ここはもしかして!」とかどんどんおもしろくなってくるじゃないですか。だから一回みただけではわからないというのは、ちょっとどうかなーって。

でも私はもう原作を読み込んじゃってるので、そう思うだけなのかもしれないですね………。

木南さんは私も好きです。紅一点でしたが、かっこよかったですね!

Re: 映画

>しーらかんすさん
すみません、すごい辛口に書いちゃって………

すでに3回も!!すごい!
わたしも理解しきれてないところが多分たくさんあるとおもうので、もう一回くらい見てもいいかなあ、と思っています。
怖い映像は怖かったですね。
映像美はよかったと思います。ヒットしてほしいとは思うのですが………
辛口に書いちゃってごめんなさい〜〜〜!

でもこの後ちょっと、いいこと書きます。多分…………!!

Re: 今観てきてほやほや(°▽°)

>なみたろうさん
おかえりなさい!!

一般受け……どうかなあ………

もはやわたしは秘密オタクすぎて、一般がどういうものがわからなくなってました。
自分ではフラットな視点で観れると思っていたのに………。orz

ファッションですか!(笑)

>なぜに青木のスーツはあんなに肩がイカっているのか。
あはは。
肩のきせがえらいキツイなっておもいながらみてました。チョッキもね。安全ピンじゃなくて鍵ホックっぽかったですよ。
でもわたしはそんなに気にならなかったです。
薪さんのハイネック以外は………

貝沼絹子わかりづらかった〜〜
リリーさん削って、こっちを丁寧に描いてほしかった。あれで理解してって無理〜〜

新興宗教!?そうなのか!絹子まだ幼かったですよね?あれ?
引き出しに入っていたのもなんでかわからなかった!!
あの辺りはもうちょっとちゃんと描いてほしかった〜〜

そして真鍋さん、そうだった〜〜ありがとう!!早速訂正しました。
青木くん撃ったけど、怪我させただけだった!脳を見られたくないから自殺したんだった………。

>薪さんが教会で慈善事業に高そうなスーツで加わってるのもちょっと違うぞ!そんな分かりやすい良いことはしないんだぞ剛くんは~!
そうそう。剛くんはしない。
でもまああの設定にしたのはわかりやすくてよかったのかも………?

俺はわたしも気になりました。まあ………いいけど。
でも原作通り僕でも良かった気がする………。

パーマは、そうなの、それをしないと電気信号である映像を再生できないの。
でも人間に犬の映像は再生できないから犬の映像は犬で再生しないといけないということでしょう??

保健所から………???
でもあの映像ならショックは受けないかな?犬………

鈴木さん凍ってるのにびっくりした。そして素手で出すのにも………いやいや。凍傷になっちゃうよ。
>鈴木さんの遺体が涙流すシーンで
「解凍したしね!」
あ、なるほど!あれはとけたからか!!(笑)

なみたろうさんの感想もお待ちしております(^0^)

Re: 待ってましたー!!(≧∇≦)

>BON子さん
なんか……書いた後にすみません……的な………

私は長さはそんなに気にならなかったんですけど、描かなさすぎなところと、セリフで説明しちゃうところの………
そこ逆や!!ってちょっと………

>エピソードが断片的にボカボカ詰め込まれたような構成でした。
原作未読の方は意味が分からないと思います。
そうそう、断片的なんですよねー
でも、もしかすると原作未読の人の方がわかるんじゃないか!?そんなふうにもおもったり……。

もうちょっと何かを削って、なにかを掘り下げるべきだったのでは、と思うんですよね………。

>美しい世界これね!と見せられたように、取って付けた感がハンパ無かったですね(笑)
そうそう、あれはこの映画のキモになる映像ですから、ちょっと美しいだけじゃいけないとおもうんですよね?
ワンコは常にご主人を確認しますから、少年を見ないのもちょっと不自然ですし。

ストーリーについて辛口になっちゃいましたが、映像美とかキャラクターはそんなに辛口にならない………予定………です…………

(^_^;)

やはり…ですね。
原作ファンの私でも実は貝沼と絹子の関係性というか、あの施設?教会?てかあれ本当にどこ?って思ってました。
みんなあれ何やっているんだろうって(爆)
私が普通に理解力ないだけなんだと思っていたので、2回目に必死に観なきゃ!て。

全体的に"愛の深さ"がないですね…
2つの話を2時間半にうまく収めた方だとは思いますが、初めて観た人たちにはやっぱりかなり無理があると…

何度も観て欲しい、ではなくて何度か観ないと理解できませんよーって意味だったんでしょうか(笑)

深く読めない(浅いノーミソの造りの)私が「え?」「あれ?」とか思ってしまう点が多かったのにも驚きです。

それでも、なんていうか、大好きな原作の映画化だからより多くの人に観て欲しいと願いたいので、誰も見ないような自分のブログでもそこまで卑下しては書いていないつもりでした(^^; けど、書き出すと次々そういえばあれも…って出てきちゃいますよねー

次回のキャラ編も楽しみに待ってます♪

天地役の木南晴夏ちゃんは演技上手で好きな女優さんなので、原作とキャラかけ離れてても活躍していて嬉しかったです★

映画

私は好きです。すみません。3回も観ちゃったし。あの怖い映像が癖になっちゃって。人それぞれですね。ヒットして欲しいんだけど。レビューがひどいらしくてとても残念です。

今観てきてほやほや(°▽°)

いやはやもう(笑)
一般ウケすっかなー?三( ゜∀゜)

でも私はボロカス言われてる脚本、嫌いじゃないです。どっちかっつーとその脚本に至った原作の理解にうーん、ですなあ。
なにが嫌いって
ファッション!!
なぜに青木のスーツはあんなに肩がイカっているのか。デザイナーの人はチョッキが好きですね?あの安全ピンで前とめたみたいなベストはどうかと思いますよ。

貝沼絹子、分かりにくかったですねー。
たぶん、ですけどアレ新興宗教かなんかの団体じゃないかなぁ、南京錠がトレードマークの。絹子のネックレスですね。たぶん薪さんの引き出しに入ってたのも幻覚ですかね。モニカは教祖なのかな?
あと真鍋さんは自殺ですね。なんか「ガヤ」用のキャラでもったいないキャストでしたが。

金はいかんの意味!( ;∀;)
薪さんが教会で慈善事業に高そうなスーツで加わってるのもちょっと違うぞ!そんな分かりやすい良いことはしないんだぞ剛くんは~!

初っぱな「俺」って言っちゃってからもうコケてました。
そうそう、にゃん先生の言う通り、なんで最終的に映像データにするのにパーマの必要が!?と思いましたが、ああ生きた人間の視覚を経由しないと映像化できないのか、そうゆう設定ね。で、犬の視覚データは犬に見せたのかーーっ!(笑)

ねぇ、もう。私も感想書きますけどね、
鈴木さん凍ってるし…いやご遺体返そうよ。パイセンも仰ってましたが、鈴木さんの遺体が涙流すシーンで
「解凍したしね!」
とにやけてたなみたろうが感想書きますけどね(大変)

待ってましたー!!(≧∇≦)

もう同意しすぎて、頷きすぎて
赤ベコ状態のBON子です(笑)

ほんっとに、浅く広く…(笑)
詰め込み過ぎの描かなすぎの長すぎの(笑)
にゃんたろーさんも辛口で安心しましたーヽ(;▽;)ノ

エピソードが断片的にボカボカ詰め込まれたような構成でした。
原作未読の方は意味が分からないと思います。

そして、仰る通り、動機や苦悩など重要なところは軽くスルー(笑)
観ながら、これはマズかろう…と暗澹とした気持ちでしたよ(T ^ T)

最後のzipの影像は、もう時間ない!美しい世界これね!と見せられたように、取って付けた感がハンパ無かったですね(笑)
ほんと、犬の見てる世界見せればいいってもんじゃないですよね(笑)
で、zipの視界に平井少年がほぼ映らないという(爆)
ありえないラストでした。
でも、映画館では号泣されてた方もいらっしゃったので…よかったのかもしれません…


続きも楽しみにしてますー!!(≧∇≦)
プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR