羽海野チカの世界展行ってきました

いやー、いつこの記事書こうかな‥…と思っていたんですけど…。
ちょうどメロディ前で、ブロガーの皆さんも待機状態っぽいからちょうどいいかな?って。えへ。

LaLa原画展のあと、8/17までだったのですが、羽海野チカさんの原画展がありまして、そちらにも足を運んでおりました。

以前2013年にもやってるんですよね。確か。
その時は仕事がすごく忙しくて行けず…

去年、複製原画展もあって、それには行ってたんですけどやっぱ複製原画は複製っていうか……
ちょっと綺麗な印刷に過ぎんな!って思ったので、今回の原画展は頑張って行ってきました!


で………

んも〜〜〜

カワイイ!!!
ヾ(≧∇≦*)/



羽海野チカさん原画展おもちかえり


もうKawaiiが止まらない!!!

って感じでした………。

羽海野先生は一応顔出しNGでサイン会などはされないためか、原画展やファンブックには「え、そこまで!?」っていうくらい力を入れる方なんですよね。今回もご愛用のサロンパスとか……昔編んだセーターとか……手塚治虫賞をとったときに着てらしたkeitamaruyamaのドレスとか!ハチクロのコロッケ模型とかいろいろ展示してあって……

ファンのツボを心得ていらっしゃる!!


原画はもちろんカワイイし……
ハチクロのも見られて嬉しかったです。ハチクロも大好きなので。

来場者も老若男女幅広くて、羽海野先生の大衆の心をつかむ力の大きさに改めて驚愕。

すごく絵は可愛くて少女漫画で、サンリオっぽい可愛らしさもありつつ、絵本っぽくもあり。
なのに爺さんとかおじさんのキャラもしっかり立っている……
そしてギャグは少年漫画を彷彿とさせる振り切れっぷり。
ちょっとポエマー。
でもテーマはいつもずしんと重い。

この絶妙なバランスが、羽海野チカさんの世界を輝かせているんでしょうね。

そして見ているうちに……
なんていうかこう……
多分ですが私より年上でいらっしゃると思うんですけど、すごく僭越な感想なんですけど。
まだ小さな女の子が、必死で頑張っているのを見ているような気持ちになってしまうんです。
「なんていじらしくて愛おしい……」って思って泣けてきてしまうんです。

『その時の私の「できるだけ」と「ありったけ」そして「精いっぱい」が詰め込んであります』

って書いてありますが、本当にその通りだなと……。


やはりその素晴らしい才能に圧倒された原画展ですが、とても温かい気持ちになれました。
ご本人もたびたび原画展に足を運ばれて、その様子を眺めてらしたそうです!






そして………


『3月のライオン』大友監督で来年映画公開なんです!
(しかももう撮り終わっています!!)Σ( ̄Д ̄;)


…………私もう心配で心配で………←おおきなお世話

思わず脚本家が誰なのか調べてしまいました………。
↑ホント大きなお世話

ベテラン女性脚本家さん(相棒とかいろいろやってらっしゃる方)
若手脚本家さん(セーラーゾンビとかやってらっしゃる方)
がメインでやられるみたいで、女性がいらっしゃるからどうかどうかよろしく、と祈ってしまいました(どこに??)

ふー………。

羽海野チカさんはあまり実写化については口出ししたりしないし基本けなしたり一切しない方なので……
今回もキャストはまたいいんですよねえ………。
しかしライオンは心理描写がキモでしょう!?大丈夫かなあ………

なんて、一ファンである私が心配してもしょうがないですね!

しかし、白泉社さん大忙しですなあ。

よきかなよきかな。






スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: 不安ですよね

>しづさん
でででででしょう〜〜〜!!!!
いやいや、やっぱ不安ですよ〜〜!!!

心理描写や人と人との関わり合いがキモのストーリーなのに〜〜!!!

>バクマンみたいに、神木くん(桐山くん)が将棋盤の上で刀とか持って戦い出しちゃったらどうしようってそればっかり・・・!
バクマンの映画は、コメディタッチであれはあれで合ってましたが、ライオンではちょっと………
やーめーてー!!!ですよね。

>ライオン見て泣けなかったらそれは普通に失敗作だからそこんとこよろしくです。
ほんとです。
よっぽどのアンポンタンじゃない限り、そんな失敗しない系の漫画です………。
もうほんと、よろしくです………。

不安ですよね

>「ライオンは心理描写がキモ」
その通りですよ。あの映画見てから不安しかありません。←ハッキリ言いすぎですね、すみません。
バクマンみたいに、神木くん(桐山くん)が将棋盤の上で刀とか持って戦い出しちゃったらどうしようってそればっかり・・・!
むりくりアクション入れなくてもいい映画は作れますって、むしろ世界が壊れるから入れないで。
ライオン見て泣けなかったらそれは普通に失敗作だからそこんとこよろしくです。

Re: かわいい〜!\(//∇//)\

>BON子さん
そうなんですよ。可愛らしい絵なのです!

>すみません、私、羽海野さんの作品を一作も読んだことがなく…
羽海野チカさんは「ハチクロ」と「三月のライオン」だけなんです!(初期作品集はあるけど)

デビューが大人になってからなんですよ。で、商業デザイナーをされていた時期があるとか‥…噂でききました。

こんなかわいい絵ですが、テーマはすっっごく重いですよ!!
男性にもファンが多いのは内容がとても濃いからだとおもいます。

映画……キャストはすごくいいんですよ………!もう本当に……!!!素晴らしい俳優陣がわんさかわんさか……

だって脚本………(落涙)秘密の脚本………(号泣)

でも監督けっこうあんま……気にしてないふうですよね……?
確信犯………???(ToT)

Re: 次の心配の種ですね(笑)

>eriemamaさん
この展示は、なんか大阪京都いずれかあたり廻りそうですよ?
巡回展については順次お知らせしますってかいてあったし……
確か3年前もけっこういろいろ地方を廻った気がします。

しかも今回はアニメ&映画公開が控えてますし!!

会場にあったノートの感想もみんな熱かった!!です。


ライオンの撮影は、確か7月?ころには終わってるんですよー(ツイッター情報)
大友監督がするってことも意外だったんですけど……
なんかちょっと世界観が違うというか……

でもご本人は世界観の違う人に違うライオンを作ってもらうことを楽しんでらっしゃるようなので……
良いのかもしれない‥…とか思ったりしてます

>頼みますよ…?;;;って感じですよね。とにかく丁寧に丁寧に作って欲しいです(もう終わってるんだろうけど)、とっても繊細な世界がギュッと詰まったお話ですから…。どうか海街diaryくらいには感じるものがある映画に仕上がってますように。
本当に!
海街くらいに仕上がっていればもう、言うことないんですが………。

いやでも、もう待ってるしかないですもんね……。
あ、でも映画の前にNHKでアニメあるんです!こちらはお嬢様と一緒に見れますね!きっと!

かわいい〜!\(//∇//)\

こんな可愛らしい絵なのですね?\(//∇//)\
すみません、私、羽海野さんの作品を一作も読んだことがなく…
妹がハチクロに心酔してた時も読まず…(笑)

この絵で、ズシンと重い内容ですか…読んでみたくなりました。
映画公開前に読もっと(*^^*)

あ…映画化…
キャストは今回もいいんですね?(笑)
脚本を心配されてるにゃんたろーさんに笑ってしまいました(笑)←おい
だってお気持ちお察ししますもの…ww

監督、名誉挽回して欲しいですねぇ(笑)

次の心配の種ですね(笑)

あぁー…これも行きたかったんですT^T
大阪ないかなぁ。
羽海野先生の私物が展示されているのはtwitterとかでいろんな人のツッコミ(笑)を拝見してひとりウケてました(^^;;らしいですよねw

ライオンはもう撮影終わってるんですか…将棋の対局以外でも心理描写がキモなのに、『秘密』みたいにそこ置き去りにされたら震えますよ…?というかそこ置き去りにするともう何を描くのか(笑)美味しそうな和菓子とか食卓に上るお料理も忘れずに出して欲しいなぁ(^^;;

お砂糖ザーッをどう表現できるか、ほんと心配です(笑)頼みますよ…?;;;って感じですよね。とにかく丁寧に丁寧に作って欲しいです(もう終わってるんだろうけど)、とっても繊細な世界がギュッと詰まったお話ですから…。どうか海街diaryくらいには感じるものがある映画に仕上がってますように。

Re: すてきな…。

>ゆけさん
いやほんと、外見マイメロなのに中身いぶし銀!みたいな……
すごくイノセントなのに、ずしんどしんと重いんですよね……!

脚本は 女性ベテラン脚本家 若手男性脚本家 大友監督 の順にならんでいたので、大友監督ノータッチなわけではないんですけど……。大友監督かなり男性的な感覚をお持ちなので、女性がメインの脚本のほうがバランスがいいのかもしれないなあ。って思ったんです……。

しかも、将棋って見せ場が絵で作りにくいじゃないですか?
『バクマン』みたいにできる話でもないし……(バクマン面白かったんですけど!)

突然雷が落ちたり駒がピカーって光ったりしたらいやだ……(ギャグシーンならいいけど)

でも私は見に行きますよ!
前も言ったような気がするけど、たとえ実写化がどうであろうと、原作の輝きを消すことはできないと思ってるんで!!
神木くんだし!ひなちゃんかわいいし!

ハチクロも映画はまあともかく、ドラマは大コケだったから………。
台湾でも映画化されたりして、すごいムーブメントはあったんですけどね〜!

すてきな…。

私はそんなに語れるほどのアレじゃないんですが、ほんとにこのかわいらしい絵からは想像もできないほど深いところをえぐってこられるところに、引き込まれてしまうんですよねえ…。
その、小さな子が必死に、っていうの、すごく的確ですよね!
すごくイノセントな部分と、表現することは魂を削ること、みたいな全身全霊感のアンバランスさがすごく絶妙で…。

ライオンの映画化を聞いて以降、私も心配しかしてませんでしたが、女性の脚本家を選んだと聞いて、私はちょっと安心しましたよ。
女性ならってことではなく、監督が女性を選んだっていうことに。ちょっと冷静な判断をしてるのかな、と。うーん…なんとなく。

私の勝手なイメージでは、監督はやっぱり表現者というより飛び抜けてても組織人、ビジネスマン感が強いので、ライオンに対しては、俺の手腕を見よ!って感じじゃなく、俺はこういうジャンルもできるんだぜ〜というモチベーションなのかなと勝手に思っていて、だとすると割と手堅く押さえにくるんじゃないかという気もしてるんです。妄想ですが。

でも観る勇気はないんですけど(^_^;)。リタイアしてすみません…。にゃんたろーさんに託しますので、私の分も見届けてください…。
だってまた次もってなったら、もう這い上がってこれませんよ、私…。
(ゆっても得意なジャンルとは思えませんし…;; どうか脚本にはノータッチで…!祈。)
わ、結局妄想をすごい語った…;;;
プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR