FC2ブログ

平成最後に光のことを その1

今日は平成最後の日ですねー!!

感慨深いような、そうでないような。

とはいえせっかくなので、ちょっと気になる

サイコパスストーカー美少年 光について

思うところを語ってみます。


長いよ!!!

さて……

サイコパスサイコパスって言ってますが
正式名は「反社会的パーソナリティ」

その判断はなかなか難しいみたいで
神原先生みたいに本人と面談もせず、サイコパスです!とは言えないようで

まあ、神原先生も「可能性が高い」みたいな言い方だったかな?

んで、サイコパスは先天的な性質で良心の呵責とか自己嫌悪とかそういうものが欠落しているようなのです。

チェックリストがあるので、光を診断してみましょうか。

チェックリスト(当てはまる数が多いほど可能性が高い)

1.口達者で表面的な魅力がある(○)

2.自己中心的でナルシスト(○)

3.退屈しやすく刺激を欲している(?)

4.異常なまでに嘘を吐く癖がある(○)

5.抵抗なく人を操れる(○)

6.良心や罪悪感といった感情に乏しい(○)

7.感情が薄っぺらい(?)

8.冷淡で共感性に欠けている(○)

9.他人に依存した生活を送る(?)←まあ子供なんで依存して当たり前やしな

10.自分の行動をコントロールできない(?)

11.性に関してだらしない(?)

12.幼少期に問題行動を起こした(○)←真っ只中や

13.現実的かつ長期的な目標を立てられない(?)

14.深く考えず衝動的に行動してしまう(○)

15.無責任な行動が目立つ(○)

16.自分の行動に対しての責任を持てない(○)

17.結婚や離婚を繰り返す(?)

18.少年時代に犯罪歴がある(○)

19.仮処分取り消しなどを受けたことがある(?)

20.さまざまな犯罪歴がある(○)


まだ子供なのでわからないとこも多いですが12/20です。



後天的にサイコパス的性質になるのを「ソシオパス」といって

こちらは環境とか刷り込みによって、サイコパス的性質になったもの。

サイコパスなら悪夢にうなされたり、寝言を聞かれたくないとか、思わないんじゃないかな〜
聞かれたとしても嘘でするっとかわせてしまうはず。

どうかなー。

そんでね。

光の生い立ちを考えてみるとですね。

●とても社会的とは言い難い独特な価値観を持った教団の中で生まれ育ち

●一応教祖の息子とは言え、あまり父親(教祖)には愛されなかった(らしい)

●逆に、母親には溺愛……のあまり、性的虐待

●教祖の息子だから周囲からは特別扱い(と思われる)

●児玉(父親)を見て育ってるから他人を洗脳し、支配し、殺すことに抵抗感はあまりない(のでは?)


……って考えると

この生い立ちで、まともに育つ人間なんているでしょうか?



私たちの「社会的」とか「常識」って一般的なそれを持った人々に育てられるからそうなるわけで。

サイコパスでもなんでもなくても
平成日本の我々には信じがたいような「常識」を持っている人々が世界にはいっぱいいます。

でもそんな日本だって
自殺するほど自分を追い込んで働いちゃったり
女性を泥酔させてコトに及んでも罪に問われなかったり
子供を性的虐待しておいて無罪になったりと

えええーーーーー!!!っていうことが起こっていたりしますよね。

これも多分先進国から見ると「ええー」でしょうけど
国が違えば特に不思議に思えなかったりするんでしょう。

ちょっと脱線なのですが
「ミステリと言う勿れ」の中でなぜ人を殺してはいけないのか、と言う問いに主人公 整くんがこう答えます

「いけないってことはないんです ただ秩序ある平和で安定した社会を作るために便宜上そうなってるだけです」
「一たび戦時下となればいきなりOKになるんですよ。そんな二枚舌で語られるような適当な話なんですよ」

misu01.png

「人を殺したいなら、そういうところに行けばいい」


misu02.png

アクションが多かった田村由美先生の、いわゆる「安楽椅子探偵」的な物語「ミステリと言う勿れ」面白いです!




……とまあ脱線しましたが

こんな感じで常識とかそう言うのって、時代や環境で変わっちゃうし

それに伴って人の良心のありようも変わってくると思います。

清水先生の「Deep Water」で
2人の少女が同じような罪を犯し
1人は無罪放免で
1人は殺人犯として罰せられる

果たして2人の間にどんな違いがあったのでしょうか?

2人の少女をそれぞれ犯行に至らしめたのは……

理不尽な環境とそれによって形成された価値観

だと思うのですが、タイミングや表れた方法が違うだけで、凶悪さにさしたる違いはないと思えるお話でした。




光も、この生い立ちを考えると

生まれつきのサイコパス
殺人者
犯罪者



軽軽に決めつけてはいけないんじゃないかなって思うんです。

そして

●世界を揺るがした犯罪教団の教祖の子
●周りで事件が多数起きてる(母親の死、コウタの死、神父の死)

これだけでも、里子どころか監視下に置かずに施設に預けてるのはちょっとどーなのと思ったりします。
秘密の時代、公安機能してないの??


青木が光の生い立ちについてどう思っているかはわかりませんが

青木のところに居て、光がどう行動するのか……
次号以降怖いけど!!楽しみでもあります。


はー

長くなっちゃった!

というわけで、令和になったら

「光が思う青木」について、また書きたいと思います!!

みなさま良い平成を!!












スポンサーサイト



コメント

Secret

Re: こんばんは

>チャイラテさん
こんばんは!はじめましてですね。
BON子さんちとかのコメント欄でちょくちょく拝見しておりました。
ようこそお越しくださいました〜!

私も前号くらいからずっとモヤモヤとしていて、考えをまとめてみたいと思ってました。

なんだか光の存在がとても哀しい感じがして……
いや確かに犯罪者なのかもしれないのですが、それを作ったのは果たして……みたいな……。

>私図書館にサイコパスについての本を探しに行ったのですが、フィクションノンフィクション取り混ぜ、凄い数がヒットして驚きました。しかしタイトルが夜眠れなくなりそうなものばかりで…断念。
(猟奇的なのが本当に駄目で。チャッピー巻とか。視覚的にも精神的にもきつかったです)

すごい熱意!秘密読むの大変じゃないですか?

後味がひたすら悪かった増殖から、光の話を持ってきた意味とか、考えてしまいます。

ただ一般的な普通の結末にはならないんだろうなって思うんですが(清水先生だから)怖いけど、楽しみにしてます。

>お仕事お忙しいと思いますが、更新あると、やった!明日も頑張ろうって思えます。ご負担にならない範囲でずっと続けてくださると嬉しいです。

ありがとうございます!嬉しいお言葉!
また遊びにいらしてください!

Re: 私も!

>BON子さん
ハッピーニュー令和!

光がいた世界を思うと、もうそれはそれは不憫でしょうがないのですが……
でもだからこそ、ちゃんと洗脳がとけて一般的な良識や常識を身につけるまで目を離すべきじゃないと思うんですよねー

まあそしたらお話が進まないんですけどねー(笑)

>光がいた世界は地獄だったろうし、施設の優しい監視官のおばさんだって、保身のために平気で危険な子を他人の家に送り込んじゃう大人なんですよ。

そうですねー。
でも監視官のおばさまは、ごめんなさい同じ立場だったら私もやってしまうかもしれないっ………!!!
あまり責められないなって思ってしまいました。誰でも自分の子や孫は本当に特別だからな……って。
汚い大人ですんません!!

光がこのまま病気で亡くなってしまうのはあまりに救いがないと言うか、悲しいので何かしらの希望があるといいのですが……

どうなるやら。

そして青木は期待に応えることができるのか!!

令和も何かとにゃんたろーと遊んでやってくださいね。

Re: にゃんたろーさんの

>ゆけさん
平成最後になんでこんな不穏な記事をあげているのやら……(笑)

いや、この辺りは前号からずっとまとめたいと思っておりまして。
光にとっての善が一般人にとっての悪だったりしても、全く不思議じゃない生い立ちだからなーって、ずっと考えていたんです。

そしてだからこそ、怖いなって思います。
特に舞ちゃんに近づいて欲しくないなって。
いやほんと、親なら絶対そう思うと思うんだけど!?青木!?

「ミステリと言う勿れ」ゆけさんにオススメです!
この中で「子供って乾く前のセメントみたいなんですって 落としたものの形がそのまま後になって残るんですよ」
って言うセリフがあって(2巻)おおう……と思いました。(児童心理学者の言葉らしいです)

DeepWaterの中で「私もきっと殺していた」って言うセリフあったじゃないですか
うんうん、だよね〜〜って思った。私もあんな環境に置かれたら誰かやっちゃっても全然不思議じゃないです……。

と、せっかくの令和に不穏なお話でした。てへ。

こんばんは

初めてご挨拶申しあげます。いつも(勝手に)お世話になっております。深い考察、行間までノベライズ化したかのような分かりやすいレビュー。可愛いイラストと今日の◯薪シリーズ(雪子さん産院エピと鈴薪の甘酸っぱいのが特に好きです)に日々癒されています。(漫画も、にゃんたろーさんの影響で羽海野チカさん等沢山読みました)
そしてまた、平成最後にもの凄い解説と考察を!
数ヶ月、ずっとモヤモヤしていた疑問のヒントがここに…。お詳しい。。
私図書館にサイコパスについての本を探しに行ったのですが、フィクションノンフィクション取り混ぜ、凄い数がヒットして驚きました。しかしタイトルが夜眠れなくなりそうなものばかりで…断念。
(猟奇的なのが本当に駄目で。チャッピー巻とか。視覚的にも精神的にもきつかったです)

という訳で、再びこの問題にチャレンジする機会をいただきありがとうございます。
光くんについて軽々しく決めつけてはいけないというのは賛成です。おっしゃるように、線引きが曖昧で難しいですよね。とてもセンシティブな内容だと思うので、この記事を何度も読ませていただきつつ、自分なりにゆっくり考えてみますね。
すごく苦しいですけど…(笑)
Deepもですが、悪戯は理不尽な社会、やるせない事件に対する怒りだったり、大人の責任どうなの?という清水先生からの問いかけなのかな…とも思うので、連載を通して皆さんと一緒に色々考えていけたらいいなと思います…(一人だと苦し過ぎる!)

文章苦手で長くなり、すみません。。
お仕事お忙しいと思いますが、更新あると、やった!明日も頑張ろうって思えます。ご負担にならない範囲でずっと続けてくださると嬉しいです。

私も!

にゃんたろーさん、こんばんは!

私もそう思います!

光はサイコパスではないのでは?
と思ってて、だからあのカウンセラーの即判定も、何故だ?てなって、精神病などの病気は、検査で確実な結果が出るわけでもなく、認定されちゃったら、それまでじゃないですか。それを、あの判断…(笑)

光がいた世界は地獄だったろうし、施設の優しい監視官のおばさんだって、保身のために平気で危険な子を他人の家に送り込んじゃう大人なんですよ。

光が地獄から抜け出たと思った世界でどう生きようとしてるのか気になります。

今回も悲しい犯罪となるのか…
展開が楽しみですね!

あ!もう平成終わる!
平成最後のコメントでした!(笑)

にゃんたろーさんの

こういうことを文章にまとめられるとこ、あーーー最初におじゃました時のにゃんたろーさんだ、って言葉にならないものがあります(//▽//)
一言で言うなら好きです!←簡単か

そうなんですよね、私の記憶ではたしか、サイコパスってまだ確立された定義があるわけでもなく、なんとか学ではこう、なんとか学ではこう、みたいなゆらぎもあり、やっぱり脳の中はわからないというか、わかったことだけで仮説をいっぱい立ててるだけというか…。

これすごいおもしろそう、と思ったら、田村さんなんですね!
言ってることめっちゃわかる。
よ…読んでみよう…っと……
私も適当な話だと思います………(笑)

deep waterもめっちゃ納得。

俄然、令和が楽しみになってまいりました♪ ←ゲンキンか わは(//▽//)


プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR