秘密 トップ・シークレット 2010 END GAME (10巻) レビュー1

STORY
恵比寿夫婦惨殺事件の捜査が始まった。

滝沢とは、一体何者なのか。
その目的は。
青木の姉夫婦の事件との繋がりは?

薪だけが知る「秘密」が事件の鍵を握るーー


10巻 我慢しすぎな薪さん 秘密 トップ・シークレット

なんでそんなになんでも我慢しちゃうの……
答え→薪さんだから





冒頭の悪夢にうなされて、目覚めてからも叫ばないようにシーツを噛む薪さんがもう………(;0;)

人知れず、3年前の鈴木射殺事件と今回の事件が混じり合い、悪夢にうなされる薪ーー

事件から4日目、TVのトップニュースは恵比寿夫婦惨殺事件からチザンメールの反政府運動のリーダー、イリハム・ヒラル・アイの最新映像に取って代わっていた。

合同捜査会議に現れた青木に、一瞬静まり返る一同。
身内なのになぜ外されないのか、「美形の警視正がお願いって頭下げたらなんでも通るのか?」などと野次を飛ばす所轄の捜査員にカッとなる青木だったが、滝沢の「情でなく合理で決定したそれだけのことだ」「文句があるならてめえらの署長に直にいえ!」という一喝で事なきを得た。

滝沢の目的を図りかねる第九の面々だったが捜査会議が始まった。

「第九のお姫様」「眼福」「お茶入れてもらったらさぞかし美味い」とか所轄のおじさんに言われてる薪さん……!!!
そそそ、そっかあ!ふつーのおじさんさえ惑わす薪さんの美貌。

そしてみんなスーツなのに、ノーネクタイでシャツだけの薪さん……

ちなみに「管理官」のお仕事は事件の筋をよんで捜査方針を決定することらしいですよ。
ってこのニュースで読みました


岡部は薪とのやりとりを思い出していた。

直接ではないとはいえ、捜査に青木を加えるという薪に岡部は異を唱える。
「あいつはまだ今まっ暗な井戸の中にいる
地獄で蠢いている青木が必死にそこから抜け出そうとすがりついた細い細い蜘蛛の糸が
「第九」で「薪さん」あなたなんです」

「あなたは大丈夫ですか?」
「青木の妄信を支えられますか?」

万が一にも切れたりすればーーーもうーー


吉田管理官の説明にハッと我にかえる岡部。
事件の犯人は、第一発見者の青木を犯人に仕立て上げることもできたが、意図的に異なる証拠を残し釈放させた、という犯人の意思を読み取ることが出来るという言葉にざわつく一同。

薪が「明日から第九で倉辻政信及び倉辻和歌子のMRI捜査に入ります」と告げ「ここで全て報告できるように尽力します」と会議を締めくくった。

第九ではMRI捜査で
倉辻政信の脳を 滝沢と宇野
倉辻和歌子の脳を 薪と山本で担当

今井、曽我、小池はその補佐に。

岡部と青木は「連続一家惨殺事件」の洗い直しを命じられた。
No.1、2の岡部と今井を補佐に回すという決定に驚きを隠せない第九のメンバーだったが、岡部は「前から室長と副室長代理(岡部)はもっと個別に部下にあたるべきだと言われてたんだ」「気にするな」と青木に告げる

「大丈夫か?」と青木を気遣う岡部に
「1年前父が亡くなった時もそうやって気遣って頂きましたね」
「いつもいつも本当にありがとうございます。感謝しています」と深く礼をする青木。

薪は2人を見つめながら

人に対する深い愛情 思いやり
その想像力
機転
勘のするどさ 場を読む力

岡部の持つ総ての美徳が今はジャマになる

と、心の中でつぶやくのだった。


10巻のみんな大好き岡部さん 秘密 トップ・シークレット


ううう~~~!!薪さん!
岡部さんさえ、自分から切り離そうとしている様子がうかがえて涙が……
そして薪さんの岡部さんへの深い信頼がかいま見えます。(おうちにはいったあとカメラやマイク調べられてるけど………)

山本さんの薪さんの様子は逐一報告します!「まかせろ!」的なジェスチャーがおもしろかった。
岡部さん、どんだけ薪さん好きだと思われてるんだか……


薪は「準備ができた。そろそろこっちに集中してもらおうか 室長」と背中に触れる滝沢の手を払いのけ、宇野と山本に指示を出す。

一方青木は連続一家惨殺事件の洗い直しを進めていたが、どうしても姉夫婦の事件現場を思い出し、動揺してしまう。
滝沢に「はじめからそんなにとばさなくてもいいんじゃないか」と声をかけられて我にかえる。
青木は朝の会議で野次を抑えてくれたことの礼を言うと「あの程度のヤジで切れんな」「薪は慣れてるよあんなの」「生まれた時からあの顔つけてんだ」と答える滝沢。

滝沢さん、まるでそうとう昔から薪さんを知っているような言い方ですが、実は一緒に仕事したのは数ヶ月だよね!?気がつけ!青木!!君の方が付き合い長いから!
そいつ単なるストーカーだから!!


「あの三好雪子を落としたって聞いて興味があったんだが 聞くほど似てないんだな」
「鈴木はもっと冷静で思慮深い男だった」

滝沢は、鈴木が雪子と婚約しなかったのは薪が「第九」の室長という立場にいるため、結婚を望まれていないからだ、と言う。
ウィークポイントをつくらせないため、天涯孤独の人間がつく任務がある。薪のような立場の人間が警察にはいまだいるのだと。
鈴木はそんな薪に対して自分だけが結婚して家庭を持つことにためらいがあったのだと。

青木は「やめてください!」と叫び滝沢の言葉を遮る

「なぜ薪さんの話をーー薪さんが自分から話そうとしないことをあなたが勝手に話すんですか」

薪の事を知りたくないのか、という滝沢に
「薪さんが話さない事をあなたや他の誰からも聞きたくありません」
そう言ってその場を去る青木。

「おまえ公安向きじゃないな」と皮肉っぽく言う滝沢に
「公安とか警察じゃない 人としてのありようです」ときっぱり言い返すのだった。


うん!よく言った青木!!
でも、私は薪さんが飲み会の後に誰と会う予定だったのかタッキーから聞きたかったよ…… (・ω<)


今になってーー
薪がどんな思いで自分の婚約を祝ってくれたのか。
「彼が憧れてる物があなたの中に一杯つまってる」という雪子の言葉。
天涯孤独の薪に対して鈴木が抱いていた思い。

何かあった時に 今のおまえに人を守れる力が 責をとる その覚悟があって言っているのか!

その薪の言葉の意味を。
様々な事が思い出され、顔を上げた視線の先に薪をみとめる青木。

薪も青木に気がつき、わざわざ席をたってそばに来た。
眉根が心配そうにゆがんでいたので青木は自分がきっととんでもなく情けない顔をしているのだとわかった。

「おまえのかわりに 僕が見る
ちゃんと見て捜査する
…………だからそんなに心配するな」

その言葉に思わず涙する青木。薪はその肩に手を置き
「大丈夫だから……青木……青木……」
と慰める。

『この薪さんの見当違いの優しい言葉に乗じてオレは明日の姉のMRI捜査を心配してただ様子を見に来ただけの弟のふりをすることが出来た』

しかし薪はーー
今朝みた悪夢が脳裏に浮かび、青木の死んだ姿を現実と重ねてしまい手を震わせる。

珍しく薪さんがデレている。100:1くらいのツン:デレ比率。
見当違いの優しい言葉って、私の見解で合ってますかね?違ってるかもしれない……


5日目 6月23日 MRI捜査が始まった。

しかし捜査に入ってすぐ、薪が卒倒する。
岡部が迅速に対処し、内密にするよう指示を出したが……

「一体どんな画が……」と息を飲む第九メンバー。


岡部さんまたお姫様だっこ……
いったい何回薪さんをお姫様だっこしているんだろう??描かれてないところでもしてるよね。きっと。(車の爆破の後とか)
滝沢さんに「誰が副室長代理だ!」っていうとこかっこいい。指揮系統を乱しちゃいかんですからね!きゃー!岡部さんっ!素敵です!さすがサッカン一の猛者!


そのMRI画像では、実行犯が政信氏に銃を突きつけ手紙を読めと脅していた。
ヘッドスキンにサングラスの実行犯ーー
その人物に、薪は見覚えがあった。

以前一人で捜査させられた 石丸大臣の自殺事件ーー
現職大臣が銃口を突きつけられ渡されたメモに遺書を書く、これのどこが自殺なんです、と総監に……

これは幻覚なのか。現実なのか?

「君の頭の中だけに留めていなさい」というセリフが蘇る。

あの事件は、誰も見ていない。自分だけが見て、知っていることに思い至る薪。

自分だけが知る「秘密」
ではこれは この「殺し」は……

政信氏が手紙を開ける。

薪はその見慣れない文字を見た途端、卒倒しーー

手紙のメッセージは一体ーー?




政信氏の映像を見た薪さんの取り乱しっぷり。
「なぜ気がつかない?バカか?」って(^^;)
どちみち、みんなそのころいなかったでしょ?
すごくみんなの前では平気そうに振舞っていますが、相当追い詰められているのがわかりますねえ……。
改めて読み直してみると、青木くんより薪さんのほうがバランスを欠いているというか……危ないところにきている感じがしてしまう。

そもそも論ですが、薪さんはなんで警察官になったんでしょうね?
ずっと読んでると犯人や被害者に同調しやすいのは青木くんよりむしろ薪さんじゃないのか、と思うところが幾つもあります。
そんな人だけど気取られないようにしてる……

もっと別の仕事をしたほうが、あの優秀な脳を別分野で活かしたほうが、人類の未来のためになるような気がしないでもないような気が………(^^;)

すんません。戯言です。




スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: 女豹!!

おう!あれは女豹ポーズなんですね!Σ(゚∀゚*)
にゃるほど………

どうりでなんかやらしいシーンだなと……(●´ω`●)ゞ

ディープなんですよ…

本当にディープで、でも続きを読んでしまって、気がつけば12巻の雪子さん達イラストになってる毎日です……。

そう、私もそうかなと思うのですが(放火の件)あの放火はあまりに警察が杜撰すぎて何か裏を読みたくなっています……昭和でもあんなひどくないと思うのですが……(^^;)

京大で一度生命科学を納めてからの東大法学部だから、何か強い意志を感じるんで、かなり前から警察に入るつもりだったのかなと……あと、鈴木さんもいつから警察に入るつもりだったのでしょうね。

ま、そもそも入ってくれないとなにも成立しないんですけどね!(^0^)




女豹!!

女豹のポーズで泣く薪さん、大好物です。
再現ありがとうございます(*´∀`)

No title

相変わらず圧巻です…色々ディープですねぇやはりEND GAMEは…。

薪さんが警察目指した理由はMRIの捜査への応用に携わりたいとかもあったんでしょうが、私としては小さい頃に明らかに放火だったのに両親の死の真相が自殺で片付けられてしまった過去とかが影響してるのかなあと考えてしまいます…。そこが今の薪さんの原点のような…。いつか語られますかねぇ?私も何度かなんでなんかなー?とは思いました。研究者じゃなく警察官ってなんで?って…ま、でなきゃそもそも成立しない漫画なんですけどね(笑)。
プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR