秘密 トップ・シークレット 2002(2巻)レビュー

STORY
死んだ人の脳を見て、犯罪捜査を行う 科学警察研究所法医第九研究室。通称「第九」
2060年8月、第九初の女性職員 天地奈々子 が配属される。
彼女の指導係を押し付けられた 青木一行だったが、配属3ヶ月後天地の無断欠勤が続き、第九に大脳が送りつけられる。
そのケースのなかには天地の写真と

「SEARCH MY BODY」 私の体を探して

というメッセージが入っていた----

------------------------------------
はい、では考察と感想とつっこみ参りますよ〜

このお話は2060 11月のお話ですね。(天地が配属されたのは8月)
鈴木さんが亡くなってから1年のころか……

新人天地奈々子、最初からとばします

「泣く子も黙る天下の「第九」の頂点が…室長が?この…? ええ…?」
驚かれるのには、田城さんも第九職員も慣れている模様。
青木くんは自分の半年前を思い出します。

「室長って…すっごい沢山生き霊背負ってらっしゃる方なんですねェ…っ」


天地は心霊に興味があり、死体や犯罪にも興味があるとのこと。あいた口がふさがらない第九メンバー。
この一言で第九職員にドン引かれ、一番下っ端の青木くんに指導係が押し付けられてしまいます



ここでのポイントは薪さんに岡部さんの生き霊がついていること。
どんだけ心配してるんですか、岡部さん!!

まったくストーリー関係ないけど、薪さんにバシって書類で叩かれてる岡部さん、萌える。

第九が捜査中の「渋谷連続殺人事件」に関連してかハッキリはしないが、脅迫をうけているらしい薪室長。
上層部から発信機を身につけるよう義務づけられたらしい。
近年の凶悪犯罪を全て見ている薪の脳は狙われ、脅迫の対象になっても不思議はないと語る今井。


今井さんっていつもカッコイイ美味しいところ持って行きますな!

天地のミスにより、消えたデータを修復する羽目になった青木は、生き霊の話などをして空気を読まない天地をイライラして怒鳴りつけてしまう。
その後無断欠勤が三日続き、脳が送られてきたのだが、やはり天地のものであることが判明。MRI捜査にかけて天地の脳を見ることが決定する。
動揺する青木であったが……



天地は青木くんに強い生き霊がついて守っているといいます(どうやら薪さんらしい……)
いや〜あの天地はイライラするよねえ。
ましてやもう午前1時……
何もできないのにまわりであーだこーだ言われたらそりゃあイライラするよー。
まだそれをかわせるほど、青木くんも大人じゃないしねえ。(この時点で23かな?4?)


薪さんが「しっかりしろ、まだ生きているかもしれない」と青木くんに言いますが、MRIをかけた時点で脳はもうダメになりますよね……?その前に戻すのはまあ無理だろうけど、なんであんな事いったんだろ。
多分青木くんに喝をいれるため?

天地は第九への脅迫状めいたメールを受け取っており、それを読まされた上で頭部を殴打され、目を閉じたまま凶行がおこなわれたらしく、有効な情報が得られない。

天地の悪夢ばかり見て憔悴する青木。
薪に叱責されネクタイを外される。
「お前がよく眠れずユメにうなされるのは天地のせいでもなんでもない」
「眠るときまで背広でネクタイしめて窮屈な格好してるからだ」


ここはみんなの萌えポイントですよね〜。多分。薪さん青木くんに接近!まつげ長い!
私はここの薪さんの後頭部が可愛いと思います。

薪の言葉をヒントに、天地の「夢」を見ることを提案する青木。
すでに手がかりを見つけられずにいるMRI捜査に置いて、夢から外界の刺激を推測し、手がかりにしようと言うのだった


捜査を進める青木だったが、天地が訪れていた女医を訪問したところ、頭部を殴打され拉致されてしまう。
連絡がとれなくなった青木に
「明日まで待っていたら 青木は死ぬ」
「ついてこい岡部 青木を連れ戻す」
「軽井沢にいる」
という薪だった



まきさん
もう少しもう少しでいいからせつめいしてくださいよ
ちょっとだけでいいですから

という岡部さんかわゆすーーーー!!

青木、あのバカが!と薪さんおこってます!青木くんすっごいバカバカ言われてますねえ。

青木は拉致され、意識のない中、天地の夢と呼応する状況を味わい彼女の夢の中に手がかりがあったことを認識する。
しかしすでに女医の手によって冷凍されそうになりながら、天地との夢を見る。

きっと死んでも薪が自分の脳をみて事件を解決してくれると思う青木だったが、犯人を見ている自分の脳は薪の元にはおくられないことを思い出し、夢の中で「何の役にもたたん!このバカ!」と薪に叱責されるのだった。

天地を振り切り薪を追いかけようとする青木

目覚めた青木の目に入ったのは助けにきた薪だった。

薪は次にもし第九の職員が狙われるなら青木であると目星をつけ、自分の発信機を青木のジャケットに装着していたのだった。
「こいつ一番フラフラしてますからね」と岡部にいわれ、恥じ入る青木だったが……

(そうじゃない ほんとうは お前が一番天地のことを心配していたからだ 青木)
と心の中でつぶやく薪だった。




「もっと(青木に)話しかけて意識を保ってください」といわれ、何度も往復ビンタをする薪さんが、にゃんたろー的にはこの話の一番の萌えポイント。

女医は脳を破壊して自殺し、共犯の男を取り調べすることになり事件も解決に向かい始めた。
女医は「渋谷連続殺人事件」にも関係しており事件の発覚を恐れて今回の脅迫が行われたらしい。薪に対する脅迫との関係は未だ不明である。

後日、天地の脳が活動を止める直前、最後に思い描いた幸せな光景を第九メンバーで見ることになる。
そこでは仕事で失敗することなく、ただ皆に期待され仕事をこなす天地の姿があった。

こんななんでもない簡単なことを、生前にしてやれなかったことを悔やみ、涙する青木。
天地の脳が作り出した自分の笑顔をみて、苦しい思いを抱くのだった。



確かに、青木くんの苦しみもわかるのですが、これはしょうがないね………
やっぱり青木くんは優しいなあ。

それにしても!天地って殺されるためだけに出てきたようなキャラクターですごく不憫………

そして、室長ちょっと冷たくないですか………天地に。青木くんには心配して生き霊まで飛ばしているというのに。

天地と初めて相対した薪さんはずっと喋らないし無表情だし……
もしかしたら女性が入るのは嫌だったのかな。危険な仕事だし?
8月だからナーバスになっていたのかな?
でも後に天地のご両親に土下座しているシーンが出てきますよね。本当は心を痛めていたのか……この話においては薪さんの心情は一切わかりませんでした。

第九メンバーもなんか冷たいっていうか、青木くん以外はかなり冷静でしたよねえ。
そのことにすこーし違和感の残る回でした。

天地が死体に関してワクワクするとか、楽しみだとか快感だとか、ものすごく不謹慎なことばかりいうから、みんなそうとうイラっとしてたんでしょうかねえ……
そういう人に第九に居て欲しくないって思われてもちょっと仕方ないのかもしれない……と思ったりもしました。

この回は「夢を見る」というエピソードを描きたかったのか、事件としての重みはちょっと薄め。
いまひとつ動機などもよくわからないですしね。女医が何者だったのかとか。警察官僚が事件に絡んでいたらしい噂とかも宙に浮いたままだし。

とはいえ第九職員がひとり殉職してるんですが……



そして、薪さんの生き霊は見れた天地ですが、死霊は見れないのかしら。
み、みたらすごいことになって………いやいやいや。





スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: なるほどー

ゆけさん、古い記事にコメントありがとうございます。

この回はちょっと影がうすめですよね。でも、回想に天地よく出てきて「いやいや薪さん、全然悲しそうじゃなかったよねえ?」と後々までツッコむことになります(笑)

そして、なんですか。お別れって!
なにをそんなに……??
私なんか変なこと書きましたっけ??

いや、きっと気にしすぎなのでは……??
あまり深く考えず、気にしないでください。

>ドロッドロなまゆも人としては好きだし(晶の足を引っ張るのはいやだったけど。いじわるぐらいは可愛かった)、サットンは愛すべきサットンだし(ぬれぎぬ)、碧大好きな由もー…あれはむしろ犬ですかね。
まゆもいろいろ切ない子でしたよね。純粋な子なんですよね。あれは親が悪い……。
サットンは、うん、愛すべきサットンですね。ミラーさんじゃ無理もない……
由は、どうなんでしょうね?あのー、由って碧に出会って初めて人として生きられたっていうのがあるじゃないですか。
あれって、薪さんに踏襲されてると思うんですよね。

鈴木さんと出会って、初めて人として生きられるようになった。世界ができた。
モノクロの世界がばーっとカラフルになったような。
だから、鈴木さんを好きになっちゃうのはもう、とめられないんじゃないかなって思ったりしたんです。
だから、その鈴木さんを失ってしまって、青木くんに面影をみちゃうのも、やっぱり止められない。
ただ、やっぱりこの設定は切なくて辛い、超ドSな設定ですね!(笑)

まあ、ただ薪さんが鈴木さんと青木くんだけたまたま男性でも好き、というのもちょっと都合が良すぎるのかなあ、とも思ったり……

そのあたりはいろいろ謎ですね。

また連載も始まって、コミックスも出たら賑やかになりそうなので、遊びに来てくださいね。

まあ、コメントはあまり深く考えず……!!
またしてください!

なるほどー

ここのにゃんたろーさんの思ったこと、そうそうそうそう!全部おんなじ事思った!と思いまして (あ、時期検証とかはしてませんけど)、「なんで萌えポイントいっぱいあるのに、私この回読み返さないんだろう…」とずっと不思議だったのが (ついでに読み返さなくてごめんなさいという変な後ろめたさもあった)、これ読んで、なるほど、薪さんの心情がほとんど描かれてないんだ!と納得しました。

青木は悪くない。むしろ職場あるあるで、身につまされますねー。読んでるこっちが辛かったです…。
それ以外はほぼギャグ回かと思うほどでしたけども。→なのに読み返さない。→なんでだ。→ループ でした(笑) 。

…あのー、私まだいいですかね…。なんかしょーもないこと書いちゃったかなーっていじけて、書いて早々その時が来ちゃった、とお別れの手紙を書いてみたり、最後が爆笑コメントでよかったなーと思ったり(笑顔でお別れはそういう意味じゃない)、雪子さんネタもエレナネタも絡みたかったですけど、いやだめだなーと思ったり。(その厚かましさがむしろだめだと思う)
夜文章書いたら変な事書いちゃうなんとか現象ってあれなんでしたっけ、あれだなとか。

でもいざとなるとお別れしがたいもんなんですね。知らなかった…。ふんぎりが付かなくて削除してしまいました。とか言って、また夜書いてるんですけど。(朝また顔から火が出たらどうしよう)

今まで書いたことに嘘は何ひとつなくて、ただ誤解をまねく書き方はしただろうなと。

私同性愛に抵抗があるとかそういうのは全然ないです。むしろ、ドロッドロなまゆも人としては好きだし(晶の足を引っ張るのはいやだったけど。いじわるぐらいは可愛かった)、サットンは愛すべきサットンだし(ぬれぎぬ)、碧大好きな由もー…あれはむしろ犬ですかね。

現在に全力投球なので自分でも実はよく覚えてないんですけど、あの時はそれを認めてしまうと薪さんがかわいそうな気がしたんじゃないかと…多分。今は何とも思わないので。にゃんたろーさんの記事がおもしろすぎて、それどころじゃないのかもしれないです(笑)。
…もっと言うと、青木は鈴木の件があっての青木なのでやっぱりちょっと薪さんがかわいそうで、鈴木の方が薪さんよかったねー100%でいられるとでも言うんでしょうか……?うーん。

あと、人の記事を比べるような悪趣味もありません。そもそも私の頭であの膨大な記事を覚えてられるわけがないです…。最初のだけはインパクトがありすぎて覚えてるだけで…。
あ、また長い…。でも長いことに焦ってばっさり削るとつっけんどんな文になることがわかったので、そのままにしてみます。とにかくいろいろとすみませんでした。

あ、これは全然お別れの手紙じゃないですから!まだ首の皮一枚つながっているつもりでいるので。必要があればまたその時改めて書きます!

楽しい所に書いちゃいけないと思って、前々からコメントしたかった記事に来ちゃいましたけど、考えたら後でここに来る人意味不明ですよね…。すみません。
あ!その前にそもそもあんな初っ端に書いたあれ、残ってても大丈夫なんでしょうか……。ああ色々と取り返しのつかないことを…。

と、送信しようと思ったら新記事が…!あっちもこっちも書き散らかせないので、ここに書いちゃおう…。
情報ありがとうございます!そして鈴薪まつり終わっちゃうのさみしいです(T T)
またちっこい鈴木がすみっこに出て来るのを楽しみにしときます!(笑)

そうですねー

K@zumiさん、3巻くらいまでは薪さんはちょっと一歩引いた感じがあったというか……

なので人となりがいまひとつ掴みきれない(いまも掴めてませんが)ところがあったように思います

私は青木くんが「死んでも薪さんが脳をみて事件解決してくれるから大丈夫……」って思ってるところに「いやいや!大丈夫じゃないから」ってツッコミました。夢の中で薪さんが叱ってくれてよかった。

あら?

知った名前が…

eriemamaさん、こんにちは(^∇^)

わたしは3巻くらいまでの薪さんのキャラがスキでしたね。
「何の役にもたたん!このバカ!」(コレ夢だけど)とかサイコーじゃないですか!(^ω^)

主役……

コメントありがとうございます!

そうなんですよねー。けっこう1〜3巻は薪さんの心情が抑えて描かれているのですごくわかりにくい……
特に天地事件ではまったくわからない、というか青木の心配しかしてないのか!とつっこみたくなりました。

でも、青木くんも主役だとおもいますよ!やっぱり。2人が主役!(*≧∀≦*)
話しかけろと言われてるのにビンタしちゃう薪さん、小さいコマでしたが可愛かったです〜。

No title

天地の事件はほんと薪さんの心情わかりにくかったですよね…天地のことどう思ってたのかな。私この巻までは青木を主人公だと錯覚してたくらいです(笑)。青木をパシパシしてる薪さん可愛かったですよね(´∇`)

拍手コメントありがとうございます

Cさん、拍手コメントありがとうございます(^0^)

(やっと確認できました……)

ばしばしとツッコミをいれてますが、ツッコミを入れられるというのは作品の質が高いからこそであり、楽しみの一環ですので、生暖かく見守っていただければと……(趣味:ツッコミなので)

映画はちょっと恐いけど、間違いなく「秘密」を読む方は増えますよね。(私もその一人ですし)
素晴らしい作品ですので、一人でも多くの人に読んで欲しいなーと思ってます!
プロフィール

ねこじゃらしにゃんたろー

Author:ねこじゃらしにゃんたろー
こんにちは
にゃんたろーです!

清水玲子さんの「秘密」についてのレビューを書き散らかします。
ネタバレばかりです。要注意です。

拍手のお礼コメントまとめはコチラです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
HNNカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR